ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2018年08月15日

フレーム作業

U7Hのレストア中です。

フレームを載せます。
チェンブロックで吊り上げて慎重にピアノの上に。
フレームを水平に吊るために3点吊りでのの字掛けが2箇所です。
dsc_0562.jpg

フレームが無事載ったので弦圧調整をしてネジ止めします。
増設したフレームボルトも高さを出して締め込みました。
dsc_0563.jpg
posted by 片桐 健 | S様U7Hレストア
2018年08月14日

鍵盤作業 続き

U7Hのレストア中です。

鍵盤作業の続き
今日は表面材を張り替えます。
まずは黒鍵を黒檀に。ドイツ製の黒檀材を使用。
dsc_0556.jpg

dsc_0559.jpg

白鍵アクリルも張り替え。
黒檀黒鍵にあわせてアイボリー色の白鍵表面材にします。
dsc_0560.jpg

鍵盤貼替えが終わったらフレーム載せの準備作業。
ベルトスリングも新調したので記念撮影!
dsc_0561.jpg
posted by 片桐 健 | S様U7Hレストア
2018年08月13日

鍵盤作業

U7Hのレストア中です。
鍵盤ブッシングクロスの張り替え。

独レンナーのブッシングクロスにすべて張り替えます。
クロスの品質は鍵盤の上下の感触が決まるところなので大切です。
画像は黒鍵部分のブッシングを張り替えているところ。
dsc_0554.jpg

dsc_0555.jpg
posted by 片桐 健 | S様U7Hレストア
2018年08月12日

ハンマー穴開けと鍵盤鉛抜き

U7Hのレストア中です。

ハンマーの針刺しができたので穴開けをします。
dsc_0550.jpg

dsc_0552.jpg

ハンマー穴開けが出来たので鍵盤鉛抜き作業。
このピアノの鍵盤鉛は腐食で膨らんでしまっています。大きめの錐で穴を開け埋木しました。
dsc_0553.jpg
posted by 片桐 健 | S様U7Hレストア
2018年08月11日

ハンマーの第1整音・・・針刺し

U7Hのレストア中です。

ハンマー穴開けの前作業で第1整音(針刺しとハンマー整形)をします。
治具にハンマーヘッドを固定して深い針刺し・・・
針刺しをしたらサンドペーパーでフェルトを整形。
dsc_0549.jpg

・・・筋肉痛です。

帰ってお酒飲もうっと。
posted by 片桐 健 | S様U7Hレストア
2018年08月10日

鍵盤作業とハンマー穴開け

U7Hのレストア中

鍵盤作業
古いブッシングクロスを剥がす工程。
蒸気で剥がすので時間との戦い?です。今回は作業の写真はありません。

次にボール盤で鉛を抜く手はずだったのですが、そのボール盤がハンマー穴開けのセッテイングのままだったのでハンマー穴開け作業を先にすることにしました。

まずはハンマーの用意。
先日届いたアベルのナチュラルフェルト、特注のハンマーヘッドです。
dsc_0546.jpg

写真には写りませんがフェルトが層状に巻かれています。これが音色作りに有効なのです。
dsc_0548.jpg
posted by 片桐 健 | S様U7Hレストア
2018年08月09日

U7H 鍵盤作業

U7Hレストア中

鍵盤作業に入りました。
白鍵、黒鍵を張り替えるのでまずは古い表面材を剥がします。
dsc_0544.jpg

dsc_0545.jpg

この後は、鉛を抜いて埋め木作業、キーブッシングクロスの張り替え作業と続きます。
posted by 片桐 健 | S様U7Hレストア
2018年08月07日

U7H 響板、フレームの作業

U7Hのレストア
フレームの塗装と響板ニス塗り作業

U7Hは総アグラフなので、まずはアグラフを磨いておきました。
雨が降ると塗装が出来ないので天気を見極めて金粉吹付け。
dsc_0540.jpg

響板ニス塗り
塗り終えたらビニールシートで乾くまで養生します。
dsc_0541.jpg
posted by 片桐 健 | S様U7Hレストア
2018年08月05日

U7H 響板作業 ニス塗り

U7Hのレストア
響板作業中です。

響板にサンダー掛けをして目止塗料をぬり
乾いたら軽くペーパー掛け。
dsc_0532.jpg

次にドイツ製のアルコールニスを塗ります。
少し艶が出ています。
dsc_0534.jpg

アルコールニスは日をおいて二度塗りします。

本日の名古屋市緑区の気温は38度!
響板のサンダー掛けやニス塗りでは、外での(あるいは扉や窓を開けて換気しながらの)作業なので酷暑日はこたえます。

早く帰ってビール飲もう!!
posted by 片桐 健 | S様U7Hレストア
2018年08月04日

響板作業 続き

U7Hのレストア、響板の作業を続けています。

フレームボルトを増設するためボルト受けを支柱に取り付けました。
高音側は親板に繋がりトーンレゾネータとしても働きます。
dsc_0530.jpg

フレームボルトも植え込みました。
サンダー掛け前に一度抜きます。
dsc_0531.jpg

この後は響板のサンダー掛けとニス塗り工程に入ります。
posted by 片桐 健 | S様U7Hレストア