ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2016年01月30日

鍵盤木口の貼替え作業

先日から作業している譲り受けられたヤマハU3Hアップライトの修理。

鍵盤木口の貼替え作業。
木口アクリル表面材を接着し接着剤が硬化したので整形して仕上げます。
160129-111608.jpg

ひらめきこの記事でピンときた方はexclamation×2・・・・

晴れピアノ調律や修理のご相談、ご依頼は
ピアノ調律師 片桐 までお気軽にメールください
(クリックするとメールフォームが開きます)。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2016年01月29日

整音作業の続き

ヤマハG3Eグランドのレストア修理製作作業

ここのところ整音作業の続きをしています。

さて、ひととおり整音を進めてきますと音色が揃わないところがあるので部分的に打弦点を変更したくなってきます。特に高音部。
160129-181044.jpg

接着したハンマーを外して位置を変えて再度ニカワで接着し直します。
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月26日

ヤマハU3Hアップライトのご依頼

譲り受けられたヤマハU3Hアップライトの修理調律のご依頼をいただきました。

昭和50年ころの製造、前の持ち主が新品で買ってからなんと2回しか調律がされていません。

ピアノを拝見しますと、当然音はバラバラに狂っていてアクションはバットコードがすべて劣化で切れていました。またまったく弾いていなかったピアノなのに鍵盤はなぜかまっくろに汚れていますし木口は変色変形して口棒に当たりそうです。

アクションと鍵盤を工房に持ち帰り修理をします。
まずバットコードの貼替え修理
160126-142006.jpg

きれいに出来ました。
このあとハンマーのアライメント調整、ハンマーフェルト整形、整音作業へ続きます。
160126-163548.jpg

こちらは汚れた鍵盤。
汚れをとり変色変形した木口セルロイドを剥がしアクリルの木口材に貼り替えます。
160126-141900.jpg
posted by 片桐 健 | しごと日記
2016年01月20日

『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会のお知らせ

ラッハナー・アンサンブル協会『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会のお知らせ

◆原典譜演奏への誘い◆

J.Haydn
交響曲 第51番 変ロ長調

J.S.Bach 
2台のチェンバロのための協奏曲 ハ長調 BWV1061
Cem:菊谷全子、柳沢知津江

J.Haydn
交響曲 第41番 ハ長調

音楽監督:廣瀬太一
管弦楽:名古屋新室内合奏団

2月11日木曜日(建国記念日)午後2時開演
東郷町 コンサートホール レ・マーニ

全自由席
前売り 大人1000円 小中生500円
乳幼児入場可(ただし静かに聴けることが条件です)

チケットに限りがあります。
お問い合わせは
メールフォームから PianoTuner片桐 まで。
(クリックするとメールフォームが開きます)。
posted by 片桐 健 | 演奏会
2016年01月19日

整音作業

ヤマハG3Eグランドのレストア修理製作作業

整調がひととおり済んだので整音作業に移ります。

秘密兵器?のベーゼンドルファー・アクション引き出しハンドル。
160119-101119.jpg

これを使うと片手でかんたんにグランドピアノのアクションが引き出せます。
整調・整音では何度もアクションの引き出しをするので手が痛くなっちゃいますからこれは必需品です。工房用と持ち歩き用と2つ持ってます。

再度ハンマーのアラインメントの確認調整。ハンマーの先端が弦に均等に当たるよう調整をし直します。
整音には欠かせない作業です。
160119-104106.jpg

調律も何度もします。
テネラメンテ特製のアリコート駒も倍音で共鳴するよう音を聞きながら位置を調整します。
160119-124053.jpg

それらが整って初めて整音作業に入れるのです。
整音は倍音成分の分布を調整する作業ですので調律や整調の状態でかなり左右されます。調律・整調・整音は三位一体です。
160119-163133.jpg

整音はこれから何日か掛けて作業します。その過程で鍵盤オモリも調整します。
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月17日

ダンパーのインストール完了

ヤマハG3Eグランドのレストア修理製作作業

本日は午後室内楽の練習がありその合間にレストア作業をしました。
昨日のからの続きでダンパー作業。

止音の状態を見ながらダンパーフェルトの残りの接着。
160117-181842.jpg

ダンパー総上げや掛かりの調整をしてダンパーのインストール完了。
160117-202339.jpg

明日以降の作業は、整調・整音の仕上げに入ります。
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月16日

ダンパーのセット

ヤマハG3Eグランドのレストア修理製作作業

昨日からの続きで整調、そしてダンパーのインストール。

まずは鍵盤深さなどの設定
160116-150003.jpg

整調がひととおりできればダンパーのインストールの工程、まったく新しいアクションを組むのと同じ作業です。
160116-204219.jpg

時間が足りずにダンパーの続きはまた明日。
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月15日

整調開始

ヤマハG3Eグランドのレストア修理製作作業

一昨日までに棚板合わせや鍵盤のセットなど済ませておいたのでやっと整調に取り掛かれるようになりました。

まずはアクションを載せて弦合わせ。ハンマーと弦のおおまかな位置合わせをします。
これは弦合わせ後にウィペンとハンマーローラー合わせのためアクションを前後逆にしています。
160115-125916.jpg

ウィペンとハンマーローラー位置合わせができたら戻りやドロップなどをざっと見てまずは調律。なんといっても弦を張ってから初めての調律です。まだダンパーが付いていないので音が混ざってやりにくいですが442Hzまでざっと上げておきます。
160115-152454.jpg

調律をしないと打弦点を決められないのでハンマーの位置合わせが正確に出来ません。
調律後音を聴いて打弦点を確認してアクション位置を決定。この後、鍵盤高さなどを調整。
本日はここまで

明日は午前中外で調律がありますので午後戻ってからこの整調の続き、そしてダンパーを取り付ける予定です。
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月14日

グランド2台の定期調律・・・ダンパー止音調整

本日はグランド2台の定期調律

まずは午前のお客様、カワイRX-2
ここのところ毎回ダンパーの止音の調整をしています。
新品の頃はきちんと止まっていたはずですが時間が経つに連れ次第にガイドホールがずれてダンパーフェルトが斜めになっています。低音部2本止は前回までに殆ど直しましたので、今日は中音部3本止を4本ほど治します。
ダンパーが治ったら調律して完了です。


午後はヤマハG3Eグランドのお客様
このピアノは浜松の修理業者がオーバーホールしたものでレンナーハンマーが付いているのですが、ほとんど整音がされていなかったこともあり私が調律を引き受けるようになってから整調や整音などかなり手を入れています。

本日伺ったら、ダンパー止音不良があるとのことでペダルをゆっくり戻すと少し残る音が中音部に2音ほどありました。

整調を直して調律して仕上げます。
お客様はピアニストでこれから演奏会に向けて練習があるとのこと、お手伝い出来て何よりです。
ありがとうございました。

ひらめきこの記事でピンときた方はexclamation×2・・・・

晴れピアノ調律や修理のご相談、ご依頼は
ピアノ調律師 片桐 までお気軽にメールください
(クリックするとメールフォームが開きます)。


posted by 片桐 健 | しごと日記
2016年01月13日

ダンパーアクション製作と鍵盤筬棚板合わせなど

ヤマハG3Eグランドのレストア修理製作作業

ダンパーアクションのからくり
アクションの回転軸であるセンターピンをセットする作業を「からくり」といいます。ダンパーアクションはオリジナルを直して使うのでセンターピンはすべて新しいピンに入れ替えます。
まずはダンパーレバーをすべて外し・・
160113-103554.jpg

「からくり」をします
160113-110425.jpg

ダンパーアクション出来上がり
160113-210344.jpg

鍵盤筬の棚板合わせ
鍵盤筬(キーフレーム)が棚板にきちんと載るように「かんな」を掛けて隙間なく合わせます。隙間が少しでもあると打鍵力が落ちたり雑音が出たりします。腕の見せ所です。
160113-172713.jpg

棚板合わせができたら鍵盤をセットします。紙パンチングやクロスパンチングも新しいものをセット、鍵盤の高さや深さを大雑把に作ります。
白いフロントクロスパンチングは音色重視の特殊なもの、ドイツ製です。
160113-195859.jpg

本日は残念ながら時間が足りず音が出せませんでした。
160113-211436.jpg

今日はここまで
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月12日

ダンパー製作と鍵盤バックチェックスキンの交換

ヤマハG3Eグランドのレストア修理作業

ダンパーフェルトの裁断、裁断したフェルトをダンパーヘッドに貼り付けの作業

ダンパーフェルトは長いままの材料を購入していますので、まず必要な長さに裁断します。
次に切ったフェルトをダンパーヘッドに貼ってゆきます。平止以外は片側だけです。残り片側は整調中に止音を見ながら接着します。
160112-161346.jpg

ダンパーの製作が終わったら次の作業。
鍵盤奥側のバックチェックスキン(皮革)が擦れて減っていたので88鍵すべて新しい皮に貼り替えることにしました。
160112-184139.jpg

今日はここまで
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月11日

ハンマーアクション完成

ヤマハG3Eグランドのレストア修理作業

ハンマー接着出来たのでテール加工など仕上げに入ります。
ハンマーヘッドテールの内外を削って形を整えます。(形を整えることだけに意味があるのではありません。実は整音にも関係があります)
160111-170747.jpg

最後にテールに溝付けをして完了です。このテール溝付け専用ヤスリが高価な工具なのです。
160111-192846.jpg

本日はここまで
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月10日

ハンマー穴開けと接着作業

ヤマハG3Eグランドのレストア修理作業

本日はまずはハンマー穴開け
160110-144411.jpg

精密に穴あけします。
160110-145314.jpg

次にハンマー接着、ニカワを煮ておきます。
160110-180413.jpg

ハンマーの接着。
160110-180401.jpg

明日はハンマーのテール加工などがあります。
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月09日

昨日と本日の作業・・・・鍵盤筬の仕上げ、ハンマーシャンクの取り付けと調整

ヤマハG3Eグランドのレストア修理作

昨日と本日の作業・・・・・

鍵盤筬の仕上げ
新しい鍵盤ピンを打ち込みます。
160108-182344.jpg

ハンマーシャンクの取り付けと調整
ハンマーシャンクは予め音を聴いてどの部分に使うか選り分けておきます。
160109-110215.jpg

アクションにハンマーシャンクを取り付けます。
特徴的な技術点は、走り調整(シャンクのアラインメント)でノリ紙を使わないということ。通常は紙を張って走りの調整をしますが、紙を貼ると打鍵力を損なうので、私は工房での修理では紙は貼りません。フレンジを削って調整します。
160109-164909.jpg

ハンマーの穴あけの前作業
予め針刺し(第1整音)して膨らんだ部分を削ります。(第1整音作業)
160109-202016.jpg

posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月07日

張弦作業はほぼ完了

ヤマハG3Eグランドのレストア修理作業

昨日、今日で張弦作業はほぼ完了です。

中高音部が張れました。
160107-172454.jpg

低音部の張弦開始
160107-180707.jpg

すべて張り終えました。
160107-200830.jpg

鍵盤のブッシングクロスの交換作業
これはフロント側
160106-205646.jpg

今日はここまで
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月05日

張弦作業の続きと鍵盤作業

ヤマハG3Eグランドのレストア修理作業

弦を張る作業をしていますが、日中外の調律に出たりするので工房は夕方からになったりします。
弦を張る作業ではチューニングピンを打ち込みますので大きな音が出ます。
夜間は大きな音が出る作業は控えておりますので、弦を張り終えるまで日数が掛かります。

本日は、チューニングピンに弦を巻きつけ打ち込む手前までの作業でした。
160105-191724.jpg

使用しているビーネチューニングピン
160105-191845.jpg

夜の遅い時間は鍵盤作業をします。
鍵盤ブッシングの貼り替え作業。
160105-204153.jpg
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月04日

張弦作業

ヤマハG3Eグランドのレストア修理作業

弦を張る作業です。
弦はドイツ製のレスロー弦、チューニングピンもドイツ製のビーネです。
高音部から張っていきますが、アリコート駒を一個一個置いていくので通常の張弦作業よりも時間が掛かります。

160104-173330.jpg

160104-173346.jpg
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月03日

張弦の準備作業

ヤマハG3Eグランドのレストア修理作業

弦を張るための準備作業は結構大変です。特にこのピアノはテネラメンテ特製アリコート駒を製作しなければなりませんし。

まずはチューニングピンブッシュを打ち込み穴を明けます。
160103-150936.jpg

次にフェルトの弦枕を製作。
160103-201921.jpg

そしてテネラメンテ特製アリコート駒を製作。部品としては既に製作してありますがピアノに合わせて幅や高さを微調整。結構時間がかかります。
160103-201954.jpg

これで弦を張る準備が完了。
明日はいよいよ張弦です。
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理
2016年01月02日

フレーム取り付け

ヤマハG3Eグランドのレストア修理作業

仕事始めです。
 (実は昨日から既に始めていたりする・・・)

ハンマー付けの準備
今回使用するのはアベルのプレミアムフェルトハンマー。
お客様のご要望で軽く発音するよう音色とタッチ感を重視しています。
160101-182155.jpg

160101-182231.jpg

フレームを取り付け弦を張る準備の作業。
一人作業なので怪我が無いよう注意しながら作業しますが、重量があるフレームの吊り上げなど危険が伴うので何度やってもとても緊張します。
160102-151306.jpg

160102-151319.jpg

160102-171626.jpg

予め、弦圧がでるようにチェック、調整済みです。
フレームネジをすべて締めて取り付け完了。

本日はここまで。
posted by 片桐 健 | K様G3レストア修理

今年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。

実は年末からパソコンが不調で元旦に書き込めませんでした。
12月半ばから仮のPCを使ったりしていましたがやっと今朝なんとか復旧しました。

今年もいろんなテーマがあり、他では出来ない私独自の修理方法の構築や調律・整調・整音の実践をしていきたいと考えています。

よろしくお願いいたします。
posted by 片桐 健 | しごと日記