ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2016年06月09日

カワイK48の調律ご依頼

往年の銘器カワイK48の調律ご依頼をいただきました。

長年他の調律師さんが定期的に調律に来ていたとのこと。
早速拝見しますと手の入れかたはまだまだ余地があるように思います。

まず内部清掃から・・・
カワイによくありがちな鍵盤のバランスピン錆びがありこのサビ取りは必須です。
また鍵盤のブッシング部分でスティック(固着)がありスムーズに上下しません。いわゆる鍵盤が重い状態です。
キーコロシ作業が必須です。
r0016403.jpg

アクションを見ますとハンマーのセンターピンスティックです。
やはり弾き心地はかなり重いと感じます。センターピン交換必須です・・・。

またハンマーのアラインメント調整はされてないのでハンマー先端は弦との当たりがずれており調整必須です。

いろいろあるので時間配分を考えながら調整します。

調整中に問題を発見しました。
今までの調律師さんも何も言わなかったとのことですが(知らなかった??)
カワイにたまに見られる鉄骨フレーム割れが発生しています。
幸い現時点では雑音や調律不能など大きなトラブルには至ってはおりませんが注意が必要です。
r0016404.jpg

調律して完了です。
当初より時間は掛かりましたが、鍵盤が軽くなり音がよく出るようになったと喜んでいただきました。
ありがとうございました。

ひらめきこの記事でピンときた方はexclamation×2・・・・

晴れピアノ調律や修理のご相談、ご依頼は
ピアノ調律師 片桐 までお気軽にメールください
(クリックするとメールフォームが開きます)。
posted by 片桐 健 | しごと日記