ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2017年04月16日

塗装補修

完成まで間近です。
外装を磨いたり塗装の補修をします。

ひととおり整調整音が出来上がったのでアクションを取り出してマスキング、塗装をします。
170416-180428.jpg

170416-180450.jpg

塗料が乾燥して磨きに入るまでの間アクションは鍵盤鉛調整がありますので作業台に移しています。
2017年04月07日

ヤマハU3Hの定期調律

定番中の定番ピアノ、ヤマハU3Hの定期調律に伺ってきました。

定番ピアノなので特にコメントはありませんが、いつものように鍵盤下の清掃から入っています。
170407-092412.jpg

バランスレール下には鍵盤高さ調整用の紙シムを入れています。
紙のシムは簡単に取り替えできるよう独自の工夫しています。

この紙シムの厚みを替えると鍵盤高さが変わるのです。
鍵盤高さは湿度等に寄って変化しますので、紙シムを調整することで鍵盤高さを適正に出すことができるのです。

このように、整調整音を見なおして調律して完了です。

ありがとうございました。

ひらめきこの記事でピンときた方はexclamation×2・・・・

晴れピアノ調律や修理のご相談、ご依頼は
ピアノ調律師 片桐 までお気軽にメールください
(クリックするとメールフォームが開きます)。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2017年04月02日

整調

整調作業工程にはいっています。

鍵盤高さ、鍵盤深さ、もどりなどアクションの動きの調整です。
ざっと出来上がったらまだダンパーが付いていませんが調律をします。
整調と調律は何回か繰り返します。
170329-151633.jpg


やっとダンパーのインストール。
まずはダンパーヘッドが弦に正確に乗るようにダンパーワイヤーの調整。
170330-120409.jpg

170330-120431.jpg

止音を確認しながらダンパーフェルトの残りを貼りこんでいきます。
170401-120233.jpg

ダンパーの完成
170401-121220.jpg

170401-121237.jpg

ダンパーがつけば再度調律をしながら整調各部を見直します。
また整音作業に入るのでアリコート駒も調律します。これは倍音を活かすための重要な作業です。
170402-121141.jpg