ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2018年04月29日

幼稚園で5台の定期調律

一年ぶりです。
午前8時30分すぎに幼稚園に到着。
お天気が良いので気持ちが良いです。
去年は雨でした・・・。

5台調律です。
失礼ながら30〜50年近くたったピアノばかりなのでやることが多いのです。


終了しました。
午後6時過ぎです。
頑張りました・・。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月28日

東洋ヘルマンの整音 続き

深く針入れをしています。
dsc_0414.jpg

拾い整音や仕上げ整音には一本針差しの道具を使います。
dsc_0415.jpg

やっぱりプレッシャバーのネジを締めよう・・。

締めました。

当たり前ですけどピッチが上がりました。
調律しなおしましたが弦割も動きにくくなり音も安定しました。
力強さも出てきました。

これで仕上げます。
納品までもうしばらくお待ちください。

posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月27日

東洋ヘルマンの整音

ピッチがかなり全体に低くなっているので調律をします。
dsc_0413.jpg

プレッシャバーの高さが適切でなく弦を押さえていないので弦の位置が決まらず雑音が出やすい問題がありました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月25日

ホフマンにインシュレーター設置

ベヒシュタイングループのホフマン・アップライトピアノです。

引っ越ししたマンションで階下のお宅に聞こえるとのことでしたので、防音インシュと防音断熱ボードを組み合わせて設置しました。

このピアノは底板と床の間のクリアランスが殆ど無く、設置には自作の特殊ピアノジャッキを使います。
また輸入ピアノはキャスター高さが低いものが多いのでそのままでは深いカップの防音インシュは使えません。その点はちょっとした工夫でクリアしています。
dsc_0411.jpg

完全に遮音にはなりませんが、階下の方とコミュニケーションは充分に取れているので大きな問題にはならないようです。

posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月24日

鍵盤鉛調整

精密な整音の前に鉛調整をしておきます。

dsc_0409.jpg

平均値で50gで下がり25gで上がります。
いわゆる指に吸い付くタッチで連打しやすく音色の変化もつけやすいと思います。
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理

ハンマー整形

東洋ヘルマンの整調整音

整調が出来たので次は整音。

まずハンマーを整形します。
ハンマーは整形してあるようなのですが、先端が平らに近く削ってあるので整形しなおしです。
dsc_0406.jpg

鍵盤バランスブッシングクロスが摩耗していてガタツキがあり整音が出来ないのでこれも直します。
dsc_0407.jpg

dsc_0408.jpg
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月21日

腕木塗装

今回のレストアでは外装は鍵盤蓋の塗り直しをしてほかは汚れ落とし程度です。

昨日鍵盤蓋の塗装が仕上がってきたので本体と見比べてみますと当然ながら塗り直したほうはピカピカできれいなので見劣りしてしまいます。
特に左腕木が打ち傷が多く状態が悪かったので塗装直し(見積もり外でサービス)をすることにしました。

新聞でマスキングして塗装中
dsc_0401.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月18日

調律中

整調をしながら何度も調律もしています。
レストアの狙ったイメージ通りの音色に近づいてきました。
dsc_0399.jpg

ある程度整調ができたら鍵盤鉛調整して整音も進めます。
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月16日

ダンパー接着

整調を進めています。

鍵盤の高さ深さもそこそこ出来上がったのでダンパーを接着します。
ダンパーを接着する条件としてアクション整調がある程度出来ていることが必要です。
ダンパーの総上げと掛かりを調整しながらダンパーヘッドを接着していきます。

dsc_0395.jpg

dsc_0396.jpg

ダンパーヘッドの接着完了です。
dsc_0397.jpg

整調もある程度出来てきてピアノらしくなってきました。
dsc_0398.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理

ヤマハU1納品

お買い上げいただいたヤマハU1Hの納品です。

2階に設置ということでユニックで吊り上げています。
dsc_0393.jpg

dsc_0394.jpg

このあと調律してお納め完了です。

N様どうもありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月15日

ヘルマンの整調

東洋ヘルマンの整調をしています。

工房にヘルマンとレストア修理をしているヤマハU1を向かい合わせに置いていて
同じ工具を使う作業を同時にしています。
道具を出し入れする時間が無駄になりません(笑)。

ハンマーバットフレンジのセンターピンにガタが多いので(前の人が直したようだが)やり直しです。
dsc_0389.jpg

弦合わせが終わりました。
このあとハンマー整形をします。
dsc_0390.jpg


posted by 片桐 健 | しごと日記

ウィペン取付

ハンマーのアラインメントを取り弦に合わせました。

弦合わせはハンマーヘッドの先端を弦に正確に当てることです。
新しく弦を張ったピアノなので、弦の割り付けとハンマーの位置を慎重に決めなければなりません。

ウィペンを取り付けてジャック合わせをします。
dsc_0391.jpg

割り付け、弦合わせが終わればハンマーバットにウィペンのジャックを合わせます。
ウィペンもヒールが均等に並ぶようにしなければならないので取り合いが難しい作業です。

ウィペンも揃いアクションの形が整いました。
dsc_0392.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月12日

東洋ヘルマンの整調

お預かりしたヘルマンについてアクション寸法など調査をしました。

まず鍵盤高さ深さについて、
高さは平均約2mmほど低く、深さは約0.5mmから1mm弱浅くなっておりました。
またハンマーストロークはほぼ規定通りですが鍵盤パイロットの位置が極端に前に出ていて「働き」がかなり少なくアフタータッチを感じられない弾き心地となっていました。
2度打ちしてしまうためそれを補うかのようにレットオフ(ハンマーもどり)を10mmくらい広げてありました。

手前が前に出ているパイロット。奥側は修正したパイロット。
修正すると7〜8mmほど鍵盤奥側に移動します。
dsc_0381.jpg

dsc_0380.jpg

このパイロット位置の異常寸法によって鍵盤重さも極端に軽くなっており、中音付近45gでした。
パイロット位置を修正しますと51gとなり普通の重さです。
未修正の鍵盤。ダウンウェイト45g。
dsc_0382.jpg

こちらは修正した鍵盤、ダウンウェイト51g。
dsc_0383.jpg

これではまともに弾けません。
また音色が異常です。薄っぺらいピンピンした音になっています。

さらにハンマーの走りやねじれがひどく、弦合わせ弦当たりが修正されていないのでハンマーフェルトが3本の弦に均等に当たっていないため音色が不揃いです。
dsc_0385.jpg

dsc_0386.jpg

なぜ数年前に「ピアノクリーニング」を請負った会社の調律師(だと思いたいが)はなにも手を入れなかったのでしょうか。

どのようにしたら良くなるかいろいろ考えながら作業しています。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月11日

鍵盤のインストール  整調の前に

整調に入る前に鍵盤をピアノに組み入れます。

今回使うバランスパンチングクロスとフロントパンチングクロス。
ドイツ・ヤーン社から取り寄せています。
dsc_0376.jpg

鍵盤筬(キーフレーム)をピアノ棚板に乗せてネジ止め。
仮に鍵盤を入れてシムや紙パンチングで白鍵の上面高さを調整して決定。これがすべての基準になります。
dsc_0377.jpg

鍵盤をインストール。
dsc_0379.jpg

これで整調作業に入れます。
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月10日

アクション製作作業 ・・続き

アクション製作作業の続き

数日分の作業を一度に掲載します。

ハンマー接着の前にダンパーレバーを取付けてワイヤーを曲げたり、ダンパーブロックを取付けて高さを決めて弦に位置合わせをしておきます。
dsc_0361.jpg

dsc_0362.jpg

ハンマーバットをインストール
dsc_0364.jpg

dsc_0363.jpg

ハンマーヘッドの高さの基準として古いハンマーをセクションの両端に付けました。
dsc_0366.jpg

dsc_0365.jpg

ハンマーシャンクを切ってハンマーヘッドの高さを揃え弦に正しく当たるよう弦合わせをしながら仮にハンマーバットに植え込みます。
dsc_0368.jpg

シャンクをローラーでコロシて
dsc_0369.jpg

バットに仮植え
dsc_0367.jpg

ニカワを煮ておきました。
ハンマーをバットに接着していきます。
dsc_0370.jpg

dsc_0371.jpg

ダンパーヘッド(フェルト)は整調の過程で接着していきます。
dsc_0372.jpg

ハンマーがすべてインストールされました。
dsc_0374.jpg

次は鍵盤をセットして整調に入ります。



posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月07日

アクション製作作業

ハンマー接着をするためにアクションを準備しています。

まずは古いアクションを取り去って・・・
dsc_0360.jpg

40〜50年経ったピアノのレストア修理では、古いフェルト類の繊維は硬化していて柔らかく弾力が有ると言った本来の性能を発揮できなくなっています。
ハンマーヘッドは音色に関わるので性能の良い物に交換するのは当然ですが、アクション各部にも多くのフェルト類が使われているので新しいアクションに入れ替えるのがベストです。

ハンマー接着の前にダンパーアクションを準備しておきます。
ダンパーレバーを取付、ダンパーブロックを弦の位置に合わせておくまでの工程です。
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月05日

修理で入ったピアノ

東洋ピアノのヘルマン

お客様は数年前に某ピアノ会社に「クリーニング」を依頼されたとのことで、10万から20万円ちかく支払ったとのことですが、ピアノを拝見すると外見はともかく内部はとてもそんな仕事をしたとは思えない状態でした。
特にタッチと音色がまったく出ていなくてどうやって弾くのというレベルでした。

今回、大阪に住んでいるお孫さんが使われるとのことで修理調整(整調整音)を承りました。

まずは工房に入ってきた姿を・・・。
dsc_0358.jpg

明日以降整調整音を進めていきます。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月04日

ハンマー接着作業  その1

ハンマー接着作業工程に入りました。

まずは穴あけしたハンマーヘッドにシャンク棒を植えます。
シャンク棒はドイツ・レンナー社製楓材。

1台分で90本。
2台分から今回使うものを、硬い木の作業台にシャンク棒を落として音を聴きながら選別しました。
ドイツ製といえども中には使えないのもあります。叩いて鈍い音がするものが数本は混じっています。
選り分けずにハンマーヘッドを接着してしまうとあとで整音に苦労することになります。

接着する前に前の晩から水にひたしておいたニカワを煮ておきます。
dsc_0354.jpg

まずはハンマーヘッドにシャンクを植え、その後バットに接着するといった工程で進めます。
dsc_0357.jpg

posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月02日

ハンマー接着の準備

今回使用のアベル・ナチュラルフェルトハンマーの準備
もともと付いていたヤマハと比べてみました。
dsc_0352.jpg

まずは、整音(針刺し)をします。
治具にセットしてまとめて針刺しをします。
dsc_0346.jpg

弾力を作るため深い針を入れていきます。低次の倍音を豊かにするために必要な作業です。
dsc_0348.jpg

その後針入れで膨らんだハンマーフェルトをサンドペーパーで整形して穴開けをします。

ボール盤にセットして穴開けをします。
穴開け治具はピアノ部品屋さんから買ったものを自分でかなり改造しています。
dsc_0353.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理