ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2018年06月21日

ハンマー整形など

オオハシの作業を続けています。

ハンマーの整形
レンナーハンマーが付いていますが整音をし直すのでまずはハンマー整形から・・
ドレメルでざっと削りとって紙やすり(エルメスペーパー)を貼り付けた治具で整形します。
dsc_0482.jpg

dsc_0483.jpg

鍵盤の処置
オオハシの鍵盤ポストの表面はザラザラしてたり変形しているので研磨して黒鉛をしなおしておきます。
左側が処理済み、右側は未処理。
dsc_0487.jpg
posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理
2018年06月19日

調律中

アクションの調整の前に調律をざっとしておきます。
弦を新しく張ったのでピッチを上げておかなければなりません。
dsc_0481.jpg
posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理
2018年06月18日

鍵盤取付

アクション調整のはじめは鍵盤から

まずは筬(キーフレーム)を固定します。
オオハシといえども鍵盤筬の取付方法は、フロントキーピン側の取り付けネジが4本しかなく少ないと思います。
プラス3本増やして7本にしました。
dsc_0477.jpg

鍵盤の高さをざっと作って紙パンチング、フェルト(クロス)パンチングをセットします。
今回はオオハシの音色のグレードアップのため例の白いフェルトパンチング(独ヤーン)を採用しています。
バランスクロスパンチングは独ヤーンのもの。
ピアノ、ピアニシモの領域でもタッチで音色の変化をさせられる優れものです。
dsc_0478.jpg

dsc_0479.jpg

鍵盤が取り付きました。
dsc_0480.jpg
posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理
2018年06月17日

オオハシ 起こしました

底板を取り付けたりなど各種作業をしてやっとピアノが起き上がりました。

dsc_0476.jpg

ここからはアクション関係の調整作業に入ります。
posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理
2018年06月16日

スタインウェイB型

スタインウェイB型の定期調律に伺ってきました。
音色が荒くなっていたのでハンマーをよくみると弦溝が深くなってきています。
とりあえず音を整えていると次高音で違う音色が・・
針を入れるとハンマーヘッドが動くような・・
よく見るとハンマー接着のニカワが剥がれています。
dsc_0474.jpg

dsc_0475.jpg

このピアノはハンマーのニカワ剥がれがよくあって何度も直しています。

気を取り直して接着しなおし。

整音と調律して完了です。
次回はハンマー整形をしたいと思います。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年06月15日

棚板取付

棚板を取り付けています。
重いのでチェンブロックで吊り上げて取り付け位置まで降ろしネジ止めします。
dsc_0473.jpg
posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理
2018年06月14日

オオハシ 張弦完了

やっとオオハシの張弦が終わりました。

低音弦を張っています。
dsc_0470.jpg

全体に音の高さ(ピッチ)を上げて張弦完了です。
dsc_0472.jpg

この後は底板、ペダルなどを組み付けてピアノを起こします。
そしてアクションの調整に進みます。
posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理
2018年06月13日

オオハシ調弦中・・・

プレッシャーバーの取付
オオハシのプレッシャーバーは鉄ではなくヨーロッパピアノによくある真鍮製です。
dsc_0469.jpg
posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理
2018年06月12日

オオハシ調弦中

調弦中・・・
dsc_0466.jpg

dsc_0467.jpg

中音まで弦を張りチューニングピンを打ち込みました。
プレッシャバーまで出来ませんでしたけど・・
今日はここまで。

他ごとしながら仕事してますのでなかなか進みません・・。

posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理
2018年06月11日

オオハシ 張弦準備作業終了

弦を張るための準備・・
弦枕を貼ったりチューニングピンブッシュを入れて穴あけしたりなどの作業です。
調律から工房に帰ってそれらを済ませました。
dsc_0465.jpg

明日弦を張ります。
posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理
2018年06月10日

オオハシピアノ フレーム載せ

やっと鉄骨フレームが載りました。

チェンブロックで吊り上げて載せます。
フレーム下側のスリングはいわゆる「のの字掛け」にしていて長さ調節してバランスを取ってます。
dsc_0463.jpg

弦圧を出してネジを締めます。
dsc_0464.jpg

これで張弦の準備に入ります。
posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理
2018年06月09日

ヤマハC2Bの大屋根支えネジ折れ

定期調律に伺ったC2Bですが
大屋根を開けたら支え棒のブラケットのネジ折れがあり大屋根が支えられない状態でした。
dsc_0461.jpg

お客様によると普段大屋根は開けないとのことでしたのでなんらかの原因でネジが腐食して破断したのだと思います。3本の内2本が折れていて1本はゆるんでグラグラの状態でした。
去年の調律時はしっかり付いていたはずですが・・・。

これでは大屋根が開けられなく当然調律もできないのでまずはなんとかネジを抜き別のネジに入れ替える修理をします。
ところが電動ドリルなどの工具を持っていなかったので手作業でやるはめに。

時間がかかりましたがそれでもなんとか修理しました。
dsc_0462.jpg

調律して終了です。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年06月03日

駒関係の作業をしました。
まずは全体にスチールウールをかけて汚れを落としてから・・・

トップに黒鉛塗布。
駒の表面に弦の滑りを良くするための黒鉛を塗布します。
dsc_0458.jpg

駒ピン入れ。
下穴を開けてドイツ製の駒ピンを打ち込みます。
dsc_0460.jpg
posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理
2018年06月01日

駒ピンを抜きます

駒ピン打ち替えのため古いピンを全部抜きます。
オオハシの駒ピンはもともと真鍮のため、音色をより良くしたいのでドイツ製の鉄ピンに交換するのです。
今回フレームを下ろしたのはこのためだったんです。

dsc_0454.jpg

dsc_0456.jpg

折れたりしないで全部無事に抜けました。
腰は痛くなりましたが・・・。
posted by 片桐 健 | I様オオハシ修理