ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2019年03月27日

カワイBS-20アップライトピアノ

カワイBS-20アップライトピアノの調律にお伺いしました。

他店で調律の見積もりをとったところ、古いピアノでここが悪い、あそこが悪いから直さなければとアクション預かり修理で18万円と言われたとのことです。

先々週もありましたが、調整で直るようなことをさも酷い故障だというような言い方や、すぐに直さないと弾けなくなってしまうというような不安を煽る言い方などで高額の修理にするような営業方法は詐欺のようなもので問題が有ると思います。


ピアノを拝見しますと、長い間調律は空いていて半音近く下がっていましたが、湿気の影響は多いものの全体としては故障もなく大きな問題はない状態でした。

分解して内部の掃除をしながらいろいろ作業を進めます。
dsc_0830.jpg
dsc_0831.jpg

湿気で鍵盤は若干動きにくくキーコロシ。
dsc_0834.jpg

低音部のベアリングと弦の一部には錆があり錆取り作業。

鍵盤が下がっていたので上面をあげて深さを出し揃える。

なぜか鍵盤ポストが馬鹿に奥に入っていてもたもたと重かったので修正して軽いタッチに変更。

半音下がっていたので440Hzに調律。

今回は27000円税別の調律修理でした。
乾燥剤も別途入れました。
ありがとうございました。

もちろんピアノの状態、故障内容やお客様のご要望の度合によって金額は変わります。
本当に必要な修理があればきちんとご説明し修理方法も各種ご提案をしますからご相談の上方針を決めさせていただきます。
まずはお見積を・・。
posted by 片桐 健 | しごと日記