ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2019年07月12日

ヤマハHQ300アップライトピアノの調律

ヤマハHQ300アップライトピアノの調律に伺いました。

次高音部の駒の表面材が割れて駒ピンで押されて浮き上がってしまっています。
dsc_0928.jpg

駒の表面材が芋継ぎで貼られていて継ぎ目のすぐ近くに駒ピンがあり、またフレームがとおるため駒が切り欠きになっています。駒ピンに横方向に力が掛かり切り欠きのところで耐えられないので割れてしまうというものです。
製造番号400万台のピアノによく見られ、いままで何台も修理しています。
またこの年代の駒はフィンガージョイントで継ぎ合わされていることも関係しているように思います。
欠陥だと思っています。

ピアノをお預かりして弦、フレームを外し駒を張り替えるのが本来の修理ですが、お客様にとってコストが見合わないので現場でネジと特殊な接着剤で修理します。

接着剤が硬化後に調律して完了です。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記