ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2014年03月23日

仕事を持つ主婦とピアノ

本日の定期調律は、ヤマハUXアップライト。

息子さんが大学に合格し遠方に行ってしまわれて弾き手がいなくなったかと思いきや、代わりに?お母様が息子さんと同じ先生についてレッスンを始められ弾いておられます。
素晴らしいことです。

このかたは家業の飲食店の女将としての仕事がありとても忙しい方です。
ところがその忙しさの合間を縫って前述のようにピアノを習って弾いておられます。

実は私はその先生宅のピアノ調律にも伺っているので先生からも「立派な生徒さんですよ」とお話を聞いています。
いまはベートーベンのソナタに挑戦中とか。
少女時代に少し習ったとはいえそれからかなり間があって再開してまだ二年なのにすごいですね。

「息子が弾いていたときはそれを聴くのが楽しみだったんだけれど、いまは下宿でいないから・・。ピアノがもったいないし(笑)」
「ピアノに向かっていると忙しい日常をわすれてリフレッシュできるんですよ。明日の仕事の意欲も湧きます。」とおっしゃいます。


さて、ピアノの作業は・・・
このピアノは毎年伺っているので息子さんのためにもいろんな調整を施しています。
今回はプレミアム調律で整音作業もします。

調律整音の前に打弦点とブラケットの接地具合を確認調整しておきます。
140323-102301.jpg
他の調律師さんはこれをちゃんと見ていますか?


140323-101947.jpg
針を入れてフェルトの弾力を確保します。
よく弾くピアノはこれを定期的にしなければなりません。

プレミアム調律を施しますから、低中音域が一段と伸びのある音になりハーモニーがさらに豊かになりますね。

このように家族の大切な一員としてのピアノを、健康に育て保守管理することは調律師の大事な仕事だと思っております。


ひらめきこの記事でピンときた方はexclamation×2・・・・

晴れピアノ調律や修理のご相談、ご依頼は
ピアノ調律師 片桐 までお気軽にメールください
(クリックするとメールフォームが開きます)。
posted by 片桐 健 | しごと日記