ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2018年08月27日

G5Bの調律

G5Bの調律ご依頼をいただき伺ってきました。

調律記録に寄ると13年放置となっています。
これからはお孫さんが使われるとのことです。

まず清掃から。
鍵盤を上げてみると湿気でバランスホールの動きがシブイです。幸いピン錆はありません。
ピンを磨いてバランスホールをコロしてスムースに動くようにしました。
dsc_0590.jpg

また鍵盤高さ深さが足りなくてアクションの動き(はたらき寸法)が出ていないのでちゃんと弾けません。
納入後の調律記録からもわかりましたがどうも整調整音などはされてないようでした。

ピッチは10Hz下がっていました。440Hzに上げます。
整調整音もできるだけ整えて今回は終了。
今後は私が定期的に伺いますのでご安心ください。

ありがとうございました。

posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年08月25日

ヤマハG3Eの調律

ヤマハG3Eの調律に伺ってきました。

まずは内部清掃。アクションを外して鍵盤も外して・・・
dsc_0581.jpg

鍵盤バランスピンが錆び付いていたので7本交換しました。残りのピンは錆はなかったので磨き処理です。
dsc_0582.jpg

酷い錆です。一部だけなので鍵盤木部の乾燥不足かと思われます。
dsc_0583.jpg

新しい真鍮ピンを打ち込みました。
dsc_0584.jpg


ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年07月30日

浜松出張

浜松のお客様宅へ調律に伺ってきました。
ピアノはヤマハG3Eです。

さて仕事も無事終わったので、冷凍浜松餃子を買って帰ろうと思います。
今回はスーパーで何種類か買おうと家を出るときに手近なスチロールの保冷箱に保冷剤を入れてきたのです。

まずドラッグストア杏林堂に寄って2種類買ったのですがパッケージが大きくて持参の保冷箱に入らない。
大きい方を持ってくればよかった・・。
仕方がないので車に積んである普段の買い物用の保冷バッグに詰めていそいで帰ることにしました。もちろん氷は貰いましたが、この暑さなので他の店に寄って他の餃子を買うことが出来なかった(とほほ)。

で買ったのはこれ
0615103449_5b2317b957478.jpeg0706095901_5b3ebed5afc6b.jpeg

そして
0627110723_5b32f15bca9bf.png

杏林堂は不思議なドラッグストアです。
いろいろ変わった?ものを売ってる。
浜松のパワーを感じます。

実は私の父親は浜松市天竜区(旧龍山村)出身なので浜松はとても身近なのです。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年07月25日

U7H フレームを降ろしました

U7Hのレストア中
本日は細かい作業の後、フレームを降ろしました。
dsc_0519.jpg
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年07月07日

弱音域の音色

私がレストアしたピアノの特色として
弱音域の音色のタッチによる変化が上げられます。
もちろん強音もしかりです。

およそタッチによって音色が変えられないと音楽の表現はできないわけですから、きちんとした楽器である以上タッチの変化イコール音色の変化です。

しかしながら、それが実現できているピアノは少ないのではないかと思っています。

演奏会でホールのピアノの調律に呼ばれていっても、会場のピアノは調整が不十分でそういった音色が出せないことはたくさんあります。音楽教室や家庭のピアノなら尚更かもしれません。

先日レストアしてお納めしたヤマハU1Eもオオハシピアノもアップライトながらその弱音をだせる性能と言ったら国産ピアノ以上、ヨーロッパピアノでもグランドピアノの上級機種をしのいでいるのではないかというくらいです(お客様談)。

さてこのように、音楽とそのためのピアノを考えることがピアノ調律師の仕事だと思って日々過ごしております。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年06月26日

ヤマハG3Eの定期調律

ヤマハG3Eの定期調律に伺いました。

分解清掃をしています。
dsc_0490.jpg

ジャックレギュレーチングボタンクロスが摩耗しているので次回新しい部品(ドイツ製に交換)を用意して全張替えになりました。
中音付近の特に摩耗が酷いところだけ一部暫定的に張り替えておきます。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年06月24日

ヤマハC3サイレント付きの調律

ヤマハC3サイレント付きの調律に伺いました。

整調や整音をするにはサイレントユニットを取り外します。
dsc_0488.jpg

dsc_0489.jpg

もちろんユニットを戻した後はサイレントがちゃんと働くか確認もします。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年06月16日

スタインウェイB型

スタインウェイB型の定期調律に伺ってきました。
音色が荒くなっていたのでハンマーをよくみると弦溝が深くなってきています。
とりあえず音を整えていると次高音で違う音色が・・
針を入れるとハンマーヘッドが動くような・・
よく見るとハンマー接着のニカワが剥がれています。
dsc_0474.jpg

dsc_0475.jpg

このピアノはハンマーのニカワ剥がれがよくあって何度も直しています。

気を取り直して接着しなおし。

整音と調律して完了です。
次回はハンマー整形をしたいと思います。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年06月09日

ヤマハC2Bの大屋根支えネジ折れ

定期調律に伺ったC2Bですが
大屋根を開けたら支え棒のブラケットのネジ折れがあり大屋根が支えられない状態でした。
dsc_0461.jpg

お客様によると普段大屋根は開けないとのことでしたのでなんらかの原因でネジが腐食して破断したのだと思います。3本の内2本が折れていて1本はゆるんでグラグラの状態でした。
去年の調律時はしっかり付いていたはずですが・・・。

これでは大屋根が開けられなく当然調律もできないのでまずはなんとかネジを抜き別のネジに入れ替える修理をします。
ところが電動ドリルなどの工具を持っていなかったので手作業でやるはめに。

時間がかかりましたがそれでもなんとか修理しました。
dsc_0462.jpg

調律して終了です。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年05月03日

K女史の録音会

ピアニストのK女史は録音会を連続で続けていてそのお手伝いをしています。
先週はフォルテピアノでベートーベンなどの録音でしたが、今週は昨日今日とバッハを録音しています。

ホールはレマーニです。
もちろんフォルテピアノやチェンバロは持ち込みます。

チェンバロの調律をして仕込み完了。
dsc_0419.jpg

先週と昨日は譜めくりもありましたが今日はなし。
気楽に?拝聴します。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月29日

幼稚園で5台の定期調律

一年ぶりです。
午前8時30分すぎに幼稚園に到着。
お天気が良いので気持ちが良いです。
去年は雨でした・・・。

5台調律です。
失礼ながら30〜50年近くたったピアノばかりなのでやることが多いのです。


終了しました。
午後6時過ぎです。
頑張りました・・。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月28日

東洋ヘルマンの整音 続き

深く針入れをしています。
dsc_0414.jpg

拾い整音や仕上げ整音には一本針差しの道具を使います。
dsc_0415.jpg

やっぱりプレッシャバーのネジを締めよう・・。

締めました。

当たり前ですけどピッチが上がりました。
調律しなおしましたが弦割も動きにくくなり音も安定しました。
力強さも出てきました。

これで仕上げます。
納品までもうしばらくお待ちください。

posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月27日

東洋ヘルマンの整音

ピッチがかなり全体に低くなっているので調律をします。
dsc_0413.jpg

プレッシャバーの高さが適切でなく弦を押さえていないので弦の位置が決まらず雑音が出やすい問題がありました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月25日

ホフマンにインシュレーター設置

ベヒシュタイングループのホフマン・アップライトピアノです。

引っ越ししたマンションで階下のお宅に聞こえるとのことでしたので、防音インシュと防音断熱ボードを組み合わせて設置しました。

このピアノは底板と床の間のクリアランスが殆ど無く、設置には自作の特殊ピアノジャッキを使います。
また輸入ピアノはキャスター高さが低いものが多いのでそのままでは深いカップの防音インシュは使えません。その点はちょっとした工夫でクリアしています。
dsc_0411.jpg

完全に遮音にはなりませんが、階下の方とコミュニケーションは充分に取れているので大きな問題にはならないようです。

posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月24日

ハンマー整形

東洋ヘルマンの整調整音

整調が出来たので次は整音。

まずハンマーを整形します。
ハンマーは整形してあるようなのですが、先端が平らに近く削ってあるので整形しなおしです。
dsc_0406.jpg

鍵盤バランスブッシングクロスが摩耗していてガタツキがあり整音が出来ないのでこれも直します。
dsc_0407.jpg

dsc_0408.jpg
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月16日

ヤマハU1納品

お買い上げいただいたヤマハU1Hの納品です。

2階に設置ということでユニックで吊り上げています。
dsc_0393.jpg

dsc_0394.jpg

このあと調律してお納め完了です。

N様どうもありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月15日

ヘルマンの整調

東洋ヘルマンの整調をしています。

工房にヘルマンとレストア修理をしているヤマハU1を向かい合わせに置いていて
同じ工具を使う作業を同時にしています。
道具を出し入れする時間が無駄になりません(笑)。

ハンマーバットフレンジのセンターピンにガタが多いので(前の人が直したようだが)やり直しです。
dsc_0389.jpg

弦合わせが終わりました。
このあとハンマー整形をします。
dsc_0390.jpg


posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月12日

東洋ヘルマンの整調

お預かりしたヘルマンについてアクション寸法など調査をしました。

まず鍵盤高さ深さについて、
高さは平均約2mmほど低く、深さは約0.5mmから1mm弱浅くなっておりました。
またハンマーストロークはほぼ規定通りですが鍵盤パイロットの位置が極端に前に出ていて「働き」がかなり少なくアフタータッチを感じられない弾き心地となっていました。
2度打ちしてしまうためそれを補うかのようにレットオフ(ハンマーもどり)を10mmくらい広げてありました。

手前が前に出ているパイロット。奥側は修正したパイロット。
修正すると7〜8mmほど鍵盤奥側に移動します。
dsc_0381.jpg

dsc_0380.jpg

このパイロット位置の異常寸法によって鍵盤重さも極端に軽くなっており、中音付近45gでした。
パイロット位置を修正しますと51gとなり普通の重さです。
未修正の鍵盤。ダウンウェイト45g。
dsc_0382.jpg

こちらは修正した鍵盤、ダウンウェイト51g。
dsc_0383.jpg

これではまともに弾けません。
また音色が異常です。薄っぺらいピンピンした音になっています。

さらにハンマーの走りやねじれがひどく、弦合わせ弦当たりが修正されていないのでハンマーフェルトが3本の弦に均等に当たっていないため音色が不揃いです。
dsc_0385.jpg

dsc_0386.jpg

なぜ数年前に「ピアノクリーニング」を請負った会社の調律師(だと思いたいが)はなにも手を入れなかったのでしょうか。

どのようにしたら良くなるかいろいろ考えながら作業しています。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月05日

修理で入ったピアノ

東洋ピアノのヘルマン

お客様は数年前に某ピアノ会社に「クリーニング」を依頼されたとのことで、10万から20万円ちかく支払ったとのことですが、ピアノを拝見すると外見はともかく内部はとてもそんな仕事をしたとは思えない状態でした。
特にタッチと音色がまったく出ていなくてどうやって弾くのというレベルでした。

今回、大阪に住んでいるお孫さんが使われるとのことで修理調整(整調整音)を承りました。

まずは工房に入ってきた姿を・・・。
dsc_0358.jpg

明日以降整調整音を進めていきます。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年03月01日

バランスキーピンの錆

調律に伺ったピアノでバランスキーピンが錆びているのを散見します。

日頃からキーピンのサビ取り、磨いているピアノは問題は少ないのですが(徐々に錆が進行する場合もあります)
調律が放置されていたり何らかの理由で鍵盤下の掃除が行き届かずピンの錆を見落としているケースと思われます。

キーピンが錆ている場合はサビ落としをしないでピンを交換しています。

これはアトラス。ひどく錆びていて鍵盤が外せないくらいです。
dsc_0271.jpg

もともとのキー筬木部の乾燥が悪く(木質の問題もある)錆が進行したのでしょう。
dsc_0272.jpg

こちらはヤマハ。メッキピンですがバランスホール部分に錆が出始めています。この2音だけなので鍵盤木部の問題と思われます。
dsc_0275.jpg
posted by 片桐 健 | しごと日記