ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2019年03月19日

カワイKu-10の調律

カワイKu-10の調律に伺ってきました。
廃業した楽器店から調律を引き継ぎました。

まず内部清掃から入ります。
dsc_0827.jpg

このピアノにはダンパーストップレールがありません。コスト削減のため省略されています。
そのためタッチはやや大雑把な感じがします。
dsc_0829.jpg

ピアノメーカーにはコストダウンではなく長持ちする良い楽器を製造していただきたいものだと切に願っています。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2019年03月17日

ヤマハG3Eの定期調律

ヤマハG3Eの定期調律に伺ってきました。
以前に工房でレストア修理してお納めしたピアノです。

内部清掃から始めます。
dsc_0825.jpg

新しい弦もだいぶ安定してきました。
整調、整音、調律と見直していきます。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2019年03月14日

ヤマハU3Eの修理調律

ヤマハU3Eの修理調律に伺いました。

ほかの店で見積もりをしたらアクション預かり修理で15万円以上と言われたとのことです。
見積もり内容を聞いて驚きました。
必要な修理をするのならともかく、低音部のハンマーが傾いているとか?故障でもない箇所をさも酷い故障というような表現をして高額な金額の見積もりをするのは詐欺のようなものです。

私の作業は以下のとおり・・

1.内部清掃をします。

2.弦が切れているので張り直します。
dsc_0822.jpg

3.アクションはセンターピンのガタやスティック(固着)を修正しハンマーフェルトの整形をします。また鍵盤パイロットがかなり奥へ曲げられていてタッチが不正なのでそれに関わる整調を修正します。

4.中音部を中心に何オクターブかの範囲で鍵盤ブッシングクロスが摩耗しているので必要な箇所を貼り替えます。

5.調律をしばらくしていなくて全体に数ヘルツ下がっているので440Hzに調律をします。

今回の作業は一日掛かりましたが、ご請求額は5万円弱でした。

修理内容はピアノによって、またお客様のご要望によって様々にかわりますのでご相談のうえお見積となります。

余談ですが、鍵盤を重くしようとして鍵盤パイロット(ポスト)を奥へ曲げることはアクションの正常な動きを損ないます。結果としてハンマーコントロールができないので音色が悪くなります。
以前はピアノの先生の話としてよく聞いたのですが、鍵盤が重いほうが指が強くなるというのは神話に過ぎないと思います。
このピアノがかつてそういう意図で調整されたのかは分かりませんが弾きにくいピアノになっていたのは間違いがないところです。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2019年01月28日

カワイKG-6Eの調律

弦が切れたとのことでカワイKG-6Eの調律に伺いました。

このピアノはよく弦が切れます。
まえの調律師さんの担当時代からいくども切れては張替えをしています。
切れたときに良い調弦をしないと切れやすくなると思います。

ハンマーはだいぶ前にカワイの工房で交換してあるのですが接着剥がれがおきています。
dsc_0806.jpg

今回は4本直しましたがまだ予備軍があります(泣)。
交換されたハンマーそのものの質も悪いので(フェルトがぶよぶよと膨張しています)音色が揃わず難しい要素がたくさんありいろいろ検討が必要なピアノです。

近いうちに弦をまとめて張り替えをすることも含めてお客様とご相談中です。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2019年01月21日

グロトリアン・シュタインヴェヒ110

グロトリアン・シュタインヴェヒ110の定期調律に伺いました。

前回伺ったときにダンパーロッドスプリングが折れているのを発見したので、その後ドイツにほかの部品を注文するときに頼んでおきました。

前回調律に伺ったときはヨーロッパから届いてすぐでしたので、おそらくヨーロッパの楽器屋さんも中古整備時に見落としたのだと思います。
もともとペダルてこにはスプリングが有るのでダンパーは支障なく動くのですが本来有るべきスプリングですので修理しなければなりません。

折れています。
dsc_0800.jpg

新しいのと交換しました。
dsc_0801.jpg

このピアノではほかにもアクションブラケットとアクションボルトの浮きなど問題点があります。
工房ですとすぐに直せるのですが、調律に伺いながらその都度直してゆきます。よろしくお願いします。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2019年01月07日

心無い人が・・・

今朝工房の駐車場に空き缶が捨てられているのを発見しました。

dsc_0780.jpg

工房と言っても工場のような建物ではなく普通の民家の佇まいです。
駐車場なので塀や柵はありませんけれども、まさしく他人の家の庭先に空き缶が捨ててあったということです。

以前は犬の糞がよく駐車場敷地内に放置してありました。
それも道路際ではなく奥のほうにあったりもしました。
目撃した人の話に寄ると、おそらく近所の人が飼い犬の散歩中に工房の敷地内に入り糞をさせているとのことでした。

いつもそれを見つけたら私が拾って始末をしていたのですが、あまりに何度も続くので「犬の糞お断り」のプレートを掲げなければなりませんでした。
その後は犬の糞を見かけなくはなりましたが尿はあるかもしれません。

今度は「空き缶を捨てるな」のプレートをですか!!

悲しく残念なことです。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2019年01月01日

新年

明けましておめでとうございます。

昨年は修理、調律を多くご依頼いただきまして誠にありがとうございました。

工房の修理については時間配分がうまく出来ず修理納期が遅れがちになったり、調律にお伺いするのに時期が遅れたりしてお客様にはご迷惑をお掛けしております。

今年はこういった事態にならないよう努力いたす所存です。

どうぞよろしくお願いいたします。

なお、1月7日から調律はお受けいたしております。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年12月07日

スタインウェイB型とヤマハC3の定期調律

2台お持ちのお客様です。
別々の日で作業することもありますが本日は2台一度に調律となりました。

時間的にタイトなので急いでいろんな作業をします。

スタインウェイ
dsc_0734.jpg

ヤマハ
dsc_0735.jpg

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年12月05日

ヤマハU3Hの定期調律

ヤマハU3Hの定期調律に伺ってきました。

このピアノはハンマー接着はがれ(ニカワ剥がれ)が発生しやすいので調律に伺ったときに直すことが度々です。
打鍵するとシャンシャンと雑音が出ますので通称「シャン」。
dsc_0733.jpg

ヤマハではニカワで接着していた製造番号200万台前後でよくあるように思います。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年12月03日

ヤマハUX完成

お客様ご依頼のヤマハUXがやっと完成しました。

dsc_0725.jpg

dsc_0727.jpg

dsc_0731.jpg

ご納品までしばらくお預かり致します。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月21日

ヤマハC3の現地修理 二日目

ヤマハC3Eの現地修理。

今日はキーブッシングクロスの貼替え、レギュレーチングボタンクロスの貼替え、ペダル軸受の交換など。

キーブッシングクロスはレンナーに貼替え
dsc_0719.jpg

レギュレーチングボタンクロスもレンナーに貼替え
dsc_0721.jpg

ペダル軸受はもちろんヤマハ純正(笑)
プラスチックなのですぐにガタがきます。
ペダルボックスを分解。
dsc_0720.jpg

ついでにペダルゴムも替えておきます。
dsc_0722.jpg

やる仕事量がかなり多いので手際よく進めます。
午前9時半から始めて午後6時前になんとか無事終了です。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月20日

ヤマハUXの整調整音

お客様から中古ピアノとして購入ご依頼のヤマハUX。

整調整音作業です。
ハンマーのセット。
dsc_0714.jpg

鍵盤はバフ掛けしてキーピン、ブッシングクロスを整えて・・。
dsc_0715.jpg

整調、整音の作業。調律もしながら見ていきます。
外装バフ磨き組み立てもしながら・・。
dsc_0718.jpg

外の調律の合間の工房作業なのでなかなか進みませんが今月中には完成させなければ。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月12日

ヤマハC3の現地修理

ピアノレッスンに使うのだが弾き心地が悪いというヤマハC3です。
いろいろ変な音がしたりタッチも悪いとのこと。
オーナーの先生から、オーバーホールしたら良くなるのかとご相談を受けました。
製造番号は400万台なのでそれほど古くはないけれど買い替えなども勧められたそうです。

拝見しますと、購入以来整調整音をした形跡がないピアノでした。

ハンマーに弦溝がかなり深く付いています。
もともと針入れが不十分なのでフェルトに弾力がなく堅すぎます。
鍵盤は浅く働きがでていないのでアフタータッチを感じられずコントロールできません。
棒で突くような音になってしまっています。

また断弦がなんどかあって弦は張り直していますが、その調律師さんには申し訳ないけれど下手過ぎます。
もう一度張り直しました。

今の時点ではオーバーホールは必ずしもいりません。
むしろ整調整音が肝要です。

レッスンの合間で2日に渡っていろいろ作業します。

さて、本日はやることがいっぱいです。
まず弦溝が深くついているのでハンマー整形と整音から・・・。
キーブッシングも摩耗していますが、これは2日目に。
今日は調律も仕上げて明日からのレッスンに間に合うようにしなければなりません。

まずはドレメルでハンマーを削ります。
dsc_0711.jpg

dsc_0712.jpg

そのあとはサンドペーパーで整形。
ざっと針入れができたら整調に入ります。

キーベッド(筬)の接地が浮いていたので直して鍵盤の高さ深さを出してアクションがきちんと寸法通り働くように設定し直します。

仕上がりを先生に見ていただきましたが、フォルテでも嫌な雑音ぽい音も無くなりピアノシモも充分タッチコントロールができるようになってとても満足、いままで弾くのに無駄に力が要って腕や肩が痛くなったのが楽になったとのことです。

ありがとうございました。

また来週伺います。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月11日

ヤマハG3Aの定期調律

ヤマハG3Aの定期調律に伺ってきました。

ピアノの先生ですが、ダンパーペダルを踏むとキーキーと雑音が有るとのこと。
チェックしますとペダル奥側の突き上げ棒が入る受けゴムが硬化していました。
dsc_0705.jpg

新品に交換で改善しました。
dsc_0706.jpg

整調整音をみながら調律して完了です。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月10日

ヤマハUXの修理

中古ピアノとしてご依頼いただいたヤマハUXを修理しています。

本日はアクションの修理調整。
dsc_0704.jpg

バットコードを交換しハンマー整形、整音をします。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月07日

ベーゼンドルファー200

ベーゼンドルファー200の定期調律に伺いました。
先日はモデル170だったのですが今日は200cmのモデル。

dsc_0697.jpg

dsc_0698.jpg

音の伸びを重視する整音作業を心がけています。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月05日

ヤマハUX入庫

お客様から中古ピアノとしてご注文いただいたヤマハUXが入庫しました。

外装も傷なくきれいでした。
dsc_0696.jpg

やはりX支柱は安心です。
いつも中古ピアノのご相談を受けるとまずはX支柱のピアノをお勧めしています。

今回のUXも使用頻度が少なく状態の良いものです。
協力してくれる業者がいるので良い状態のピアノが手に入りやすいのです。

これから外装や内部調整に取り掛かります。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月02日

ニス塗り作業

ヤマハU1Dのレストアをしています。

響板ニス塗り作業中です。
二回目のニスを塗って仕上げます。
dsc_0692.jpg

ホコリ等がつかないよう養生します。
dsc_0693.jpg
posted by 片桐 健 | しごと日記

カワイKG-6

本日はカワイKG-6の定期調律です。

今回は整音を中心に作業してます。
dsc_0691.jpg

ここのところ毎日グランドピアノの調律に伺ってます。
昨日はヤマハC3でした。
今日はカワイで明日はヤマハG5、明後日はベーゼンドルファー200。
それぞれ作業の内容が違って大変ですけれど面白さもアップライトピアノ以上です(^^)

posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年10月22日

ヤマハYUX

ヤマハYUXの調律に伺いました。
有る楽器店から調律を受け継ぎました。

清掃中に鍵盤バランスピンの錆を発見。
酷いものを交換しました。
dsc_0673.jpg

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記