ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2018年05月03日

K女史の録音会

ピアニストのK女史は録音会を連続で続けていてそのお手伝いをしています。
先週はフォルテピアノでベートーベンなどの録音でしたが、今週は昨日今日とバッハを録音しています。

ホールはレマーニです。
もちろんフォルテピアノやチェンバロは持ち込みます。

チェンバロの調律をして仕込み完了。
dsc_0419.jpg

先週と昨日は譜めくりもありましたが今日はなし。
気楽に?拝聴します。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月29日

幼稚園で5台の定期調律

一年ぶりです。
午前8時30分すぎに幼稚園に到着。
お天気が良いので気持ちが良いです。
去年は雨でした・・・。

5台調律です。
失礼ながら30〜50年近くたったピアノばかりなのでやることが多いのです。


終了しました。
午後6時過ぎです。
頑張りました・・。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月28日

東洋ヘルマンの整音 続き

深く針入れをしています。
dsc_0414.jpg

拾い整音や仕上げ整音には一本針差しの道具を使います。
dsc_0415.jpg

やっぱりプレッシャバーのネジを締めよう・・。

締めました。

当たり前ですけどピッチが上がりました。
調律しなおしましたが弦割も動きにくくなり音も安定しました。
力強さも出てきました。

これで仕上げます。
納品までもうしばらくお待ちください。

posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月27日

東洋ヘルマンの整音

ピッチがかなり全体に低くなっているので調律をします。
dsc_0413.jpg

プレッシャバーの高さが適切でなく弦を押さえていないので弦の位置が決まらず雑音が出やすい問題がありました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月25日

ホフマンにインシュレーター設置

ベヒシュタイングループのホフマン・アップライトピアノです。

引っ越ししたマンションで階下のお宅に聞こえるとのことでしたので、防音インシュと防音断熱ボードを組み合わせて設置しました。

このピアノは底板と床の間のクリアランスが殆ど無く、設置には自作の特殊ピアノジャッキを使います。
また輸入ピアノはキャスター高さが低いものが多いのでそのままでは深いカップの防音インシュは使えません。その点はちょっとした工夫でクリアしています。
dsc_0411.jpg

完全に遮音にはなりませんが、階下の方とコミュニケーションは充分に取れているので大きな問題にはならないようです。

posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月24日

ハンマー整形

東洋ヘルマンの整調整音

整調が出来たので次は整音。

まずハンマーを整形します。
ハンマーは整形してあるようなのですが、先端が平らに近く削ってあるので整形しなおしです。
dsc_0406.jpg

鍵盤バランスブッシングクロスが摩耗していてガタツキがあり整音が出来ないのでこれも直します。
dsc_0407.jpg

dsc_0408.jpg
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月16日

ヤマハU1納品

お買い上げいただいたヤマハU1Hの納品です。

2階に設置ということでユニックで吊り上げています。
dsc_0393.jpg

dsc_0394.jpg

このあと調律してお納め完了です。

N様どうもありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月15日

ヘルマンの整調

東洋ヘルマンの整調をしています。

工房にヘルマンとレストア修理をしているヤマハU1を向かい合わせに置いていて
同じ工具を使う作業を同時にしています。
道具を出し入れする時間が無駄になりません(笑)。

ハンマーバットフレンジのセンターピンにガタが多いので(前の人が直したようだが)やり直しです。
dsc_0389.jpg

弦合わせが終わりました。
このあとハンマー整形をします。
dsc_0390.jpg


posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月12日

東洋ヘルマンの整調

お預かりしたヘルマンについてアクション寸法など調査をしました。

まず鍵盤高さ深さについて、
高さは平均約2mmほど低く、深さは約0.5mmから1mm弱浅くなっておりました。
またハンマーストロークはほぼ規定通りですが鍵盤パイロットの位置が極端に前に出ていて「働き」がかなり少なくアフタータッチを感じられない弾き心地となっていました。
2度打ちしてしまうためそれを補うかのようにレットオフ(ハンマーもどり)を10mmくらい広げてありました。

手前が前に出ているパイロット。奥側は修正したパイロット。
修正すると7〜8mmほど鍵盤奥側に移動します。
dsc_0381.jpg

dsc_0380.jpg

このパイロット位置の異常寸法によって鍵盤重さも極端に軽くなっており、中音付近45gでした。
パイロット位置を修正しますと51gとなり普通の重さです。
未修正の鍵盤。ダウンウェイト45g。
dsc_0382.jpg

こちらは修正した鍵盤、ダウンウェイト51g。
dsc_0383.jpg

これではまともに弾けません。
また音色が異常です。薄っぺらいピンピンした音になっています。

さらにハンマーの走りやねじれがひどく、弦合わせ弦当たりが修正されていないのでハンマーフェルトが3本の弦に均等に当たっていないため音色が不揃いです。
dsc_0385.jpg

dsc_0386.jpg

なぜ数年前に「ピアノクリーニング」を請負った会社の調律師(だと思いたいが)はなにも手を入れなかったのでしょうか。

どのようにしたら良くなるかいろいろ考えながら作業しています。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月05日

修理で入ったピアノ

東洋ピアノのヘルマン

お客様は数年前に某ピアノ会社に「クリーニング」を依頼されたとのことで、10万から20万円ちかく支払ったとのことですが、ピアノを拝見すると外見はともかく内部はとてもそんな仕事をしたとは思えない状態でした。
特にタッチと音色がまったく出ていなくてどうやって弾くのというレベルでした。

今回、大阪に住んでいるお孫さんが使われるとのことで修理調整(整調整音)を承りました。

まずは工房に入ってきた姿を・・・。
dsc_0358.jpg

明日以降整調整音を進めていきます。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年03月01日

バランスキーピンの錆

調律に伺ったピアノでバランスキーピンが錆びているのを散見します。

日頃からキーピンのサビ取り、磨いているピアノは問題は少ないのですが(徐々に錆が進行する場合もあります)
調律が放置されていたり何らかの理由で鍵盤下の掃除が行き届かずピンの錆を見落としているケースと思われます。

キーピンが錆ている場合はサビ落としをしないでピンを交換しています。

これはアトラス。ひどく錆びていて鍵盤が外せないくらいです。
dsc_0271.jpg

もともとのキー筬木部の乾燥が悪く(木質の問題もある)錆が進行したのでしょう。
dsc_0272.jpg

こちらはヤマハ。メッキピンですがバランスホール部分に錆が出始めています。この2音だけなので鍵盤木部の問題と思われます。
dsc_0275.jpg
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年01月31日

グロトリアン・スタインヴェヒ110

グロトリアン・スタインヴェヒ110の調律をご依頼いただきました。

ヨーロッパに海外赴任で家族で行かれていて帰国前に現地で買われたとのこと。
船便で日本に到着後調律に伺いました。

1980年製でグロトリアン特有のX型のケースバック支柱です。
強固なケースで弦の力をしっかりと受け止め長い余韻と豊かな音色を保っています。
dsc_0239.jpg

現地で調整済みとのことでしたがまずは分解、清掃。
各所のネジの増し締めや鍵盤高さ深さなど整調は見直しました。
dsc_0240.jpg

アクションはレンナー製。
dsc_0245.jpg

当初共鳴雑音が出ていましたがネジの増し締めで治ったようです。

調律して本日は終了。

高さ110cmの小型のピアノとしてはよく響き、さすがはグロトリアンです。
ありがとうございました。


posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年01月18日

C5の定期調律

ヤマハC5の定期調律

内部清掃から整音、調律まで
dsc_0216.jpg

ありがとうございました
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年01月15日

手作りいちご大福

本日は岡崎市のお客様宅へ定期調律に伺いました。

ピアノはアトラスA2型アップライトピアノで、もう10年伺っております。

いろいろ問題を抱えていたピアノですが、いまではお客様もとても弾きやすくなったと喜んでいただいております。

お暇するときに「ご家族にも」とお客様手作りのいちご大福をいただきました。
帰宅後家族でとてもおいしくいただきました。

大きな甘酸っぱいイチゴがごろっと餡に包まれています。
餡の甘さといちごの酸味が手作りとは思えないほどの美味しさでした。
dsc_0210.jpg

誠にありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年01月01日

新年明けましておめでとうございます

昨年はハンマー取付、とりわけアベルのナチュラルフェルトハンマー取付が何件かあったので整音技術を極める良い機会だったと感謝しております。

アベルナチュラルフェルトハンマー
上がGP、下はUP
dsc_0207.jpg

ヤーンの鍵盤フロントパンチングクロス
テーパー状になっていてタッチと音色が改善されます。
dsc_0209.jpg

dsc_0208.jpg

このような部品を使う場合、たとえば整調寸法については寸法通りに設定しても良いタッチ、音色が得られるとは限らないのです。
整音についても、単に強さや音色を整えるのではなく倍音の分布を聴きながら針刺しをしなければなりません。
技術的な手法もさることながら五感まで動員した高度な整調、整音、調律を目指さなければなりません。

今年もよろしくお願い致します
posted by 片桐 健 | しごと日記

年末の調律

この年末はおかげさまでピアノ調律は大いそがし(苦笑)

特に今年はレストアピアノ製作で納期が12月29日だったのでその工房修理の合間をぬってのお客様の調律・・。

本日午前はレストア製作でお納めしたピアノの納入調律、午後はグランドピアノの定期調律。
明日31日は以前レストア製作したグランドピアノとアップライトピアノ2台をお持ちのお客様宅へ伺います。

12月に伺えきれなかったお客様は申し訳ありませんが年明けに伺いますのでよろしくお願いいたします。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2017年12月30日

年末の調律

この年末はおかげさまでピアノ調律は大いそがし(苦笑)

特に今年はレストアピアノ製作で納期が12月29日だったのでその工房修理の合間をぬってのお客様の調律・・。

本日午前はレストア製作でお納めしたピアノの納入調律、午後はグランドピアノの定期調律。
明日31日は以前レストア製作したグランドピアノとアップライトピアノ2台をお持ちのお客様宅へ伺います。

12月に伺えきれなかったお客様は申し訳ありませんが年明けに伺いますのでよろしくお願いいたします。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2017年12月16日

ハンマー接着

弦に合わせて横方向の間隔調整などの準備ができたらニカワ付け。
弦合わせをしながらの接着
dsc_0196.jpg

バットの接着部分
dsc_0197.jpg

ハンマー接着完了
dsc_0198.jpg

ニカワを少し休ませて・・

次は新品のウィペンを取り付けていきます。
dsc_0199.jpg

このあとは整調の工程です。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2017年11月24日

ベーゼンドルファー200の定期調律

今日はベーゼンドルファー200の定期調律に伺いました。

このピアノはかつて他の調律師さんが担当していましたが整音に失敗してハンマーがパンクしていたのです。ハンマーの肩に針を入れすぎてフェルトが切れていました。こうなったらピアノ本来の音は出ません。
私が受け継いでからハンマーを交換して復活させました。
それからもう15年くらいになりますでしょうか。
いまでは本来の音を取り戻し豊かに歌えるようになりました。

さて、内部清掃から。
dsc_0167.jpg

dsc_0168.jpg

今日はハンマーファイリングと整音もしておきます。

お客様は声楽家(ソプラノ)ですが、ピアノの仕上がりにはいつも大変ご満足いただいております。
ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2017年10月24日

手作り栗きんとんをいただきました

毎年定期調律に伺っている一宮のF様。
アップライトピアノ2台のお客様です。

奥様の手作り栗きんとんと今回はほかに手作りクッキーなどもいただきました。
誠にありがとうございます。

dsc_0145.jpg

まるで菓子職人のようにひとつひとつ丁寧に包んで箱に入っています。

家族でとてもおいしくいただきました。
ごちそうさまでした。
ありがとうございました。

有り難く頂戴いたしましたが、仕事で伺っておりますのでどうぞあまりお気遣い下さいませんよう・・。
posted by 片桐 健 | しごと日記