ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2018年11月12日

ヤマハC3の現地修理

ピアノレッスンに使うのだが弾き心地が悪いというヤマハC3です。
いろいろ変な音がしたりタッチも悪いとのこと。
オーナーの先生から、オーバーホールしたら良くなるのかとご相談を受けました。
製造番号は400万台なのでそれほど古くはないけれど買い替えなども勧められたそうです。

拝見しますと、購入以来整調整音をした形跡がないピアノでした。

ハンマーに弦溝がかなり深く付いています。
もともと針入れが不十分なのでフェルトに弾力がなく堅すぎます。
鍵盤は浅く働きがでていないのでアフタータッチを感じられずコントロールできません。
棒で突くような音になってしまっています。

また断弦がなんどかあって弦は張り直していますが、その調律師さんには申し訳ないけれど下手過ぎます。
もう一度張り直しました。

今の時点ではオーバーホールは必ずしもいりません。
むしろ整調整音が肝要です。

レッスンの合間で2日に渡っていろいろ作業します。

さて、本日はやることがいっぱいです。
まず弦溝が深くついているのでハンマー整形と整音から・・・。
キーブッシングも摩耗していますが、これは2日目に。
今日は調律も仕上げて明日からのレッスンに間に合うようにしなければなりません。

まずはドレメルでハンマーを削ります。
dsc_0711.jpg

dsc_0712.jpg

そのあとはサンドペーパーで整形。
ざっと針入れができたら整調に入ります。

キーベッド(筬)の接地が浮いていたので直して鍵盤の高さ深さを出してアクションがきちんと寸法通り働くように設定し直します。

仕上がりを先生に見ていただきましたが、フォルテでも嫌な雑音ぽい音も無くなりピアノシモも充分タッチコントロールができるようになってとても満足、いままで弾くのに無駄に力が要って腕や肩が痛くなったのが楽になったとのことです。

ありがとうございました。

また来週伺います。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月11日

ヤマハG3Aの定期調律

ヤマハG3Aの定期調律に伺ってきました。

ピアノの先生ですが、ダンパーペダルを踏むとキーキーと雑音が有るとのこと。
チェックしますとペダル奥側の突き上げ棒が入る受けゴムが硬化していました。
dsc_0705.jpg

新品に交換で改善しました。
dsc_0706.jpg

整調整音をみながら調律して完了です。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月10日

ヤマハUXの修理

中古ピアノとしてご依頼いただいたヤマハUXを修理しています。

本日はアクションの修理調整。
dsc_0704.jpg

バットコードを交換しハンマー整形、整音をします。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月07日

ベーゼンドルファー200

ベーゼンドルファー200の定期調律に伺いました。
先日はモデル170だったのですが今日は200cmのモデル。

dsc_0697.jpg

dsc_0698.jpg

音の伸びを重視する整音作業を心がけています。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月05日

ヤマハUX入庫

お客様から中古ピアノとしてご注文いただいたヤマハUXが入庫しました。

外装も傷なくきれいでした。
dsc_0696.jpg

やはりX支柱は安心です。
いつも中古ピアノのご相談を受けるとまずはX支柱のピアノをお勧めしています。

今回のUXも使用頻度が少なく状態の良いものです。
協力してくれる業者がいるので良い状態のピアノが手に入りやすいのです。

これから外装や内部調整に取り掛かります。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年11月02日

ニス塗り作業

ヤマハU1Dのレストアをしています。

響板ニス塗り作業中です。
二回目のニスを塗って仕上げます。
dsc_0692.jpg

ホコリ等がつかないよう養生します。
dsc_0693.jpg
posted by 片桐 健 | しごと日記

カワイKG-6

本日はカワイKG-6の定期調律です。

今回は整音を中心に作業してます。
dsc_0691.jpg

ここのところ毎日グランドピアノの調律に伺ってます。
昨日はヤマハC3でした。
今日はカワイで明日はヤマハG5、明後日はベーゼンドルファー200。
それぞれ作業の内容が違って大変ですけれど面白さもアップライトピアノ以上です(^^)

posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年10月22日

ヤマハYUX

ヤマハYUXの調律に伺いました。
有る楽器店から調律を受け継ぎました。

清掃中に鍵盤バランスピンの錆を発見。
酷いものを交換しました。
dsc_0673.jpg

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年10月19日

カワイ・フレンチチェンバロの調整

河合楽器のフレンチダブルチェンバロの調整・調律をご依頼いただきました。

弦も何本か切れていて爪の調整が不十分で音も出なかったり発音が悪かったりとのことです。

早速拝見して、まずは断弦部分の修理、弦張り直し。
dsc_0664.jpg

プレクトラムを付け替えて削り直し。
もともとの調整は不完全で、固くしならない爪が付いていました。しかもジャックレールのセッティングに問題があり爪の長さが短い。ダンパーが隣の弦に触っているなど。
dsc_0666.jpg

今回は、時間的に全部の爪の付け替えは出来ないので状態の悪い部分から優先的に取り替えていきます。
調律出来るようダンパーや整音を直しましたが問題は山積です。
次回以降問題を取り除いて行きます。

ありがとうございました。

posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年08月27日

G5Bの調律

G5Bの調律ご依頼をいただき伺ってきました。

調律記録に寄ると13年放置となっています。
これからはお孫さんが使われるとのことです。

まず清掃から。
鍵盤を上げてみると湿気でバランスホールの動きがシブイです。幸いピン錆はありません。
ピンを磨いてバランスホールをコロしてスムースに動くようにしました。
dsc_0590.jpg

また鍵盤高さ深さが足りなくてアクションの動き(はたらき寸法)が出ていないのでちゃんと弾けません。
納入後の調律記録からもわかりましたがどうも整調整音などはされてないようでした。

ピッチは10Hz下がっていました。440Hzに上げます。
整調整音もできるだけ整えて今回は終了。
今後は私が定期的に伺いますのでご安心ください。

ありがとうございました。

posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年08月25日

ヤマハG3Eの調律

ヤマハG3Eの調律に伺ってきました。

まずは内部清掃。アクションを外して鍵盤も外して・・・
dsc_0581.jpg

鍵盤バランスピンが錆び付いていたので7本交換しました。残りのピンは錆はなかったので磨き処理です。
dsc_0582.jpg

酷い錆です。一部だけなので鍵盤木部の乾燥不足かと思われます。
dsc_0583.jpg

新しい真鍮ピンを打ち込みました。
dsc_0584.jpg


ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年07月30日

浜松出張

浜松のお客様宅へ調律に伺ってきました。
ピアノはヤマハG3Eです。

さて仕事も無事終わったので、冷凍浜松餃子を買って帰ろうと思います。
今回はスーパーで何種類か買おうと家を出るときに手近なスチロールの保冷箱に保冷剤を入れてきたのです。

まずドラッグストア杏林堂に寄って2種類買ったのですがパッケージが大きくて持参の保冷箱に入らない。
大きい方を持ってくればよかった・・。
仕方がないので車に積んである普段の買い物用の保冷バッグに詰めていそいで帰ることにしました。もちろん氷は貰いましたが、この暑さなので他の店に寄って他の餃子を買うことが出来なかった(とほほ)。

で買ったのはこれ
0615103449_5b2317b957478.jpeg0706095901_5b3ebed5afc6b.jpeg

そして
0627110723_5b32f15bca9bf.png

杏林堂は不思議なドラッグストアです。
いろいろ変わった?ものを売ってる。
浜松のパワーを感じます。

実は私の父親は浜松市天竜区(旧龍山村)出身なので浜松はとても身近なのです。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年07月25日

U7H フレームを降ろしました

U7Hのレストア中
本日は細かい作業の後、フレームを降ろしました。
dsc_0519.jpg
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年07月07日

弱音域の音色

私がレストアしたピアノの特色として
弱音域の音色のタッチによる変化が上げられます。
もちろん強音もしかりです。

およそタッチによって音色が変えられないと音楽の表現はできないわけですから、きちんとした楽器である以上タッチの変化イコール音色の変化です。

しかしながら、それが実現できているピアノは少ないのではないかと思っています。

演奏会でホールのピアノの調律に呼ばれていっても、会場のピアノは調整が不十分でそういった音色が出せないことはたくさんあります。音楽教室や家庭のピアノなら尚更かもしれません。

先日レストアしてお納めしたヤマハU1Eもオオハシピアノもアップライトながらその弱音をだせる性能と言ったら国産ピアノ以上、ヨーロッパピアノでもグランドピアノの上級機種をしのいでいるのではないかというくらいです(お客様談)。

さてこのように、音楽とそのためのピアノを考えることがピアノ調律師の仕事だと思って日々過ごしております。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年06月26日

ヤマハG3Eの定期調律

ヤマハG3Eの定期調律に伺いました。

分解清掃をしています。
dsc_0490.jpg

ジャックレギュレーチングボタンクロスが摩耗しているので次回新しい部品(ドイツ製に交換)を用意して全張替えになりました。
中音付近の特に摩耗が酷いところだけ一部暫定的に張り替えておきます。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年06月24日

ヤマハC3サイレント付きの調律

ヤマハC3サイレント付きの調律に伺いました。

整調や整音をするにはサイレントユニットを取り外します。
dsc_0488.jpg

dsc_0489.jpg

もちろんユニットを戻した後はサイレントがちゃんと働くか確認もします。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年06月16日

スタインウェイB型

スタインウェイB型の定期調律に伺ってきました。
音色が荒くなっていたのでハンマーをよくみると弦溝が深くなってきています。
とりあえず音を整えていると次高音で違う音色が・・
針を入れるとハンマーヘッドが動くような・・
よく見るとハンマー接着のニカワが剥がれています。
dsc_0474.jpg

dsc_0475.jpg

このピアノはハンマーのニカワ剥がれがよくあって何度も直しています。

気を取り直して接着しなおし。

整音と調律して完了です。
次回はハンマー整形をしたいと思います。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年06月09日

ヤマハC2Bの大屋根支えネジ折れ

定期調律に伺ったC2Bですが
大屋根を開けたら支え棒のブラケットのネジ折れがあり大屋根が支えられない状態でした。
dsc_0461.jpg

お客様によると普段大屋根は開けないとのことでしたのでなんらかの原因でネジが腐食して破断したのだと思います。3本の内2本が折れていて1本はゆるんでグラグラの状態でした。
去年の調律時はしっかり付いていたはずですが・・・。

これでは大屋根が開けられなく当然調律もできないのでまずはなんとかネジを抜き別のネジに入れ替える修理をします。
ところが電動ドリルなどの工具を持っていなかったので手作業でやるはめに。

時間がかかりましたがそれでもなんとか修理しました。
dsc_0462.jpg

調律して終了です。

ありがとうございました。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年05月03日

K女史の録音会

ピアニストのK女史は録音会を連続で続けていてそのお手伝いをしています。
先週はフォルテピアノでベートーベンなどの録音でしたが、今週は昨日今日とバッハを録音しています。

ホールはレマーニです。
もちろんフォルテピアノやチェンバロは持ち込みます。

チェンバロの調律をして仕込み完了。
dsc_0419.jpg

先週と昨日は譜めくりもありましたが今日はなし。
気楽に?拝聴します。
posted by 片桐 健 | しごと日記
2018年04月29日

幼稚園で5台の定期調律

一年ぶりです。
午前8時30分すぎに幼稚園に到着。
お天気が良いので気持ちが良いです。
去年は雨でした・・・。

5台調律です。
失礼ながら30〜50年近くたったピアノばかりなのでやることが多いのです。


終了しました。
午後6時過ぎです。
頑張りました・・。
posted by 片桐 健 | しごと日記