ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2019年01月17日

「ハイドン・フィルハーモニー」演奏会のお知らせ

ハイドン・フィルハーモニー 交響曲全曲シリーズ

原典譜プログラム
(演奏順ではありません)

ハイドン 
交響曲 第15番 ニ長調
交響曲 第98番 変ロ長調

モーツァルト
ホルン五重奏曲 変ホ長調 Kv.407
 ホルン 松井秀樹
 ヴァイオリン 廣瀬太一
 ヴィオラ 大沢郁子
 ヴィオラ 前田裕子
 チェロ 福島有希子

管弦楽 名古屋新室内合奏団
音楽監督・指揮・コンサートマスター 廣瀬太一

2019年2月11日 午後2時開演
コンサートホール「レ・マーニ」 東郷町

自由席
入場料 大人 1,000円
    小中学生 500円
    乳幼児入場可 入場無料 (静かに聴けることが条件です)

主催 ラッハナー・アンサンブル協会

チケット等この件に関してのお問い合わせは 片桐まで

posted by 片桐 健 | 演奏会
2018年08月23日

ハイドン・フィルハーモニー演奏会

「ハイドン・フィルハーモニー」演奏会のおしらせ

9月17日(敬老の日) 午後2時開演

原典譜演奏 曲目

ハイドン 交響曲 B 変ロ長調

ハイドン 交響曲 第33番 ハ長調

モーツァルト ピアノ四重奏曲 第2番 変ホ長調 KV.493
 フォルテピアノ 伊藤充子
 ヴァイオリン 廣瀬太一
 ヴィオラ 大沢郁子
 チェロ 福島有希子

ハイドン 交響曲 第80番 ニ短調

名古屋新室内合奏団
指揮:廣瀬太一

東郷町 コンサートホール レ・マーニ

入場料 大人 1000円
    小中高生 500円
    乳幼児入場可(ただし静かに聴けること)

主催 ラッハナー・アンサンブル協会

お問い合わせは 片桐まで
posted by 片桐 健 | 演奏会
2018年02月08日

ハイドンフィルハーモニー演奏会

ハイドンフィルハーモニー演奏会のおしらせ

2月11日 午後2時開演

原典譜演奏 曲目

ハイドン 交響曲第38番 ハ長調

ハイドン 交響曲 第71番 変ロ長調

モーツァルト ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 KV.478
 フォルテピアノ 伊藤充子
 ヴァイオリン 廣瀬太一
 ヴィオラ 大沢郁子
 チェロ 福島有希子

名古屋新室内合奏団
指揮:廣瀬太一

東郷町 コンサートホール レ・マーニ

入場料 大人 1000円
    小中高生 500円
    乳幼児入場可(ただし静かに聴けること)

主催 ラッハナー・アンサンブル協会

お問い合わせは 片桐まで
posted by 片桐 健 | 演奏会
2017年01月30日

ラッハナー・アンサンブル協会『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会

ラッハナー・アンサンブル協会『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会のおしらせ

2017年2月11日のプログラム

◆原典譜演奏への誘い◆

J.Haydn
交響曲第60番 ハ長調 喜劇「うっかり者」より

J.S.バッハ
チェンバロ協奏曲 ヘ短調 BWV1056
 Cemb:菊谷全子

J.Haydn
交響曲第89番 ヘ長調

W.A.モーツァルト
オーボエ四重奏曲 ヘ長調 KV370
 Ob:八上裕美

音楽監督:廣瀬太一
管弦楽:名古屋新室内合奏団

2017年2月11日(祝日)午後2時開演

東郷町 コンサートホール レ・マーニ

全自由席
前売り 大人1000円 小中高生500円
乳幼児入場可(ただし静かに聴けることが条件です)

チケットに限りがあります。

チケットのお問い合わせはメールフォームから PianoTuner片桐 まで。
posted by 片桐 健 | 演奏会
2016年09月13日

ラッハナー・アンサンブル協会『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会

ラッハナー・アンサンブル協会『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会のお知らせ

遅ればせながらブログにもやっと載せます。
なおHPには前から載せています。

2016年9月19日のプログラム
◆原典譜演奏への誘い◆

J.Haydn
交響曲 第52番 変ホ長調

交響曲 第61番 ニ長調

交響曲 ”A” 変ロ長調

J.S.Bach
2台のチェンバロのための協奏曲 ハ短調
Cem:伊藤充子、徳田あつ子

音楽監督:廣瀬太一
管弦楽:名古屋新室内合奏団

2016年9月19日(祝日)午後2時開演

東郷町 コンサートホール レ・マーニ

全自由席
前売り 大人1000円 小中生500円
乳幼児入場可(ただし静かに聴けることが条件です)
チケットに限りがあります。

チケットのお問い合わせはメールフォームから PianoTuner片桐 まで。
posted by 片桐 健 | 演奏会
2016年02月10日

明日『ハイドン・フィル』本番ですが、急遽曲目変更のお知らせ

バッハチェンバロ協奏曲のソリストとして出演予定だった柳沢知津江氏が急遽出演を辞退(お身内が亡くなられた由)されたので、本日曲目が変更になりました。

バッハ ブランデンブルク協奏曲第5番 BWV1050 ニ長調

ヴァイオリン:廣瀬太一 フルート:島田英子 チェンバロ:菊谷全子

演奏:ラッハナー・アンサンブル協会



お身内を亡くされた柳沢さんには謹んでお悔やみを申し上げます。
posted by 片桐 健 | 演奏会
2016年01月20日

『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会のお知らせ

ラッハナー・アンサンブル協会『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会のお知らせ

◆原典譜演奏への誘い◆

J.Haydn
交響曲 第51番 変ロ長調

J.S.Bach 
2台のチェンバロのための協奏曲 ハ長調 BWV1061
Cem:菊谷全子、柳沢知津江

J.Haydn
交響曲 第41番 ハ長調

音楽監督:廣瀬太一
管弦楽:名古屋新室内合奏団

2月11日木曜日(建国記念日)午後2時開演
東郷町 コンサートホール レ・マーニ

全自由席
前売り 大人1000円 小中生500円
乳幼児入場可(ただし静かに聴けることが条件です)

チケットに限りがあります。
お問い合わせは
メールフォームから PianoTuner片桐 まで。
(クリックするとメールフォームが開きます)。
posted by 片桐 健 | 演奏会
2015年09月21日

チェンバロが3台

本日はハイドンフィルの本番。

今回はバッハのチェンバロ協奏曲でチェンバロが3台。

私の仕事は3台のチェンバロの調律とオケのヴァイオリン。
バッハはピッチが415Hzなのでチェンバロ3台はトランスポージングでセットしてあります。
問題は3台がきちんと合うかどうか・・。楽器のそれぞれの状態と空調などの外部条件などシビアです。また搬入からリハーサル、本番まで時間が非常にタイトなのでうまくできるかどうか・・・。

150921-114323.jpg

150921-114720.jpg

150921-115456.jpg

チェンバロが415Hzということでほかのハイドンの交響曲は440Hzで半音違いのデュアルピッチとなってます。
弦楽器のひとは曲に応じて即座に対応することが要求されます・・・。

演奏を聴いていた娘7歳はバッハがとても良かったと言ってくれました(^^)
肩の荷が降りました・・・。
posted by 片桐 健 | 演奏会
2015年09月10日

ハイドンフィル演奏会のお知らせ

ラッハナー・アンサンブル協会『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会

◆原典譜演奏への誘い◆

J.Haydn
交響曲 第90番 ハ長調

J.S.Bach 
3台のチェンバロのための協奏曲 ニ短調 BWV1063
Cem:伊藤充子、菊谷全子、徳田あつ子

J.Haydn
交響曲 第96番 ニ長調

音楽監督:廣瀬太一
管弦楽:名古屋新室内合奏団

2015年9月21日(月曜日・祝日)午後2時開演

東郷町 コンサートホール レ・マーニ

全自由席
前売り 大人1000円 小中生500円
乳幼児入場可(ただし静かに聴けることが条件です)

お席に限りがあります。
お問い合わせは下のメールフォームから PianoTuner片桐 まで。

ひらめきこの記事でピンときた方はexclamation×2・・・・

晴れピアノ調律や修理のご相談、ご依頼は
ピアノ調律師 片桐 までお気軽にメールください
(クリックするとメールフォームが開きます)。
posted by 片桐 健 | 演奏会
2015年02月12日

ハイドンフィル無事終了しました

2月11日のハイドンフィルは無事終了しました。
たくさんのご来場誠にありがとうございます。

私は今回は珍しく鍵盤の曲が無かったので鍵盤を運んだり調律したりの本来の??仕事はなく、ハイドンの交響曲3曲でヴァイオリンでの演奏のみでした。

私の6歳と4歳の子どもたちも3時間に渡る演奏会をおとなしく聴くことができ、また印象に残ったり感銘を受けた曲があったりと子供なりに楽しめたようです。

お忙しい中お越しいただいたお客様にも喜んでいただけたので、ご案内のしがいがあったと思っております。

後片付けのあと今後の打ち合わせなどスタッフとしての仕事を終えなんとか午後8時には帰宅出来ました。

子どもたちは早々と夕食を済ませ寝かしつけた後、妻と二人で遅い夕食、ワインを飲みながら今日の演奏の反省会をしておりました。

次回はチェンバロ3台のコンチェルトもあります。またご案内いたします。
posted by 片桐 健 | 演奏会
2015年01月15日

『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会のお知らせ

ハイドンの交響曲を連続演奏する『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会

ラッハナー・アンサンブル協会の『ハイドン・フィルハーモニー』のお知らせ

今回は交響曲が3曲です。いずれも佳作ぞろい。
ぜひお聴き逃しのないよう万障お繰り合わせの上お越しください。

150211Haydn_small.jpg

◆原典譜演奏への誘い◆

J.Haydn
交響曲 第77番 変ロ長調
作曲1782年 ウィーンで模範とされた名曲のひとつ
モーツァルトも関心を寄せていた

J.Haydn
交響曲 第49番 ヘ短調 「受難}
作曲1768年 中期のハイドン自信作

J.Haydn
交響曲 第88番 ト長調
作曲1787年 当時人気の高かった曲の一つ
後年ブラームスも絶賛した

音楽監督:廣瀬太一
管弦楽:名古屋新室内合奏団

2015年2月11日(水曜日・祝日)午後2時開演

東郷町 コンサートホール レ・マーニ

全自由席
前売り 大人1000円 小中生500円
乳幼児入場可(ただし静かに聴けることが条件です)

チケットのお問い合わせは下のメールフォームから PianoTuner片桐 まで。

晴れピアノ調律や修理のご相談、ご依頼は
ピアノ調律師 片桐 までお気軽にメールください
(クリックするとメールフォームが開きます)。

posted by 片桐 健 | 演奏会
2014年08月25日

『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会

『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会のおしらせ

◆原典譜演奏への誘い◆

J.Haydn
交響曲 第72番 ニ長調
(ホルンが4本活躍する珍しい曲です)

J.S.Bach 
2台のチェンバロのための協奏曲 ハ短調 BWV1062
(有名な2台のヴァイオリンのための協奏曲を鍵盤のためにバッハ自身が編曲した曲)
Fp:菊谷全子 Cem:伊藤充子

J.Haydn
交響曲 第93番 ニ長調 
(ハイドンがロンドンで名声を博した第1次作品群の逸品)

音楽監督:廣瀬太一
管弦楽:名古屋新室内合奏団

9月15日(月・敬老の日)午後2時開演

東郷町 コンサートホール レ・マーニ

全自由席
前売り 大人1000円 小中生500円
乳幼児入場可(ただし静かに聴けることが条件です)


チケットのお問い合せは
ピアノ調律師 片桐 までお気軽にメールください
(クリックするとメールフォームが開きます)。
posted by 片桐 健 | 演奏会
2014年06月01日

原典譜演奏への誘い 『ハイドンフィルハーモニー』演奏会

『ハイドンフィルハーモニー』演奏会のお知らせです。

9月15日 午後2時開演
愛知県愛知郡東郷町コンサートホール「レ・マーニ」にて

◆原点譜演奏への誘い◆

J.Haydn
交響曲 第72番 ニ長調

J.S.Bach
2台のチェンバロのための協奏曲 ハ短調 BWV1062
Cem:伊藤充子、菊谷全子

J.Haydn
交響曲 第93番 ニ長調

演奏:名古屋新室内合奏団
音楽監督:廣瀬太一

入場料:前売り 大人1000円 小中高生500円
乳幼児入場可(ただし静かに聴けることが条件です)

チケットのお問い合わせは下記メールフォームからTuner片桐まで

ひらめきこの記事でピンときた方はexclamation×2・・・・

晴れピアノ調律や修理のご相談、ご依頼は
ピアノ調律師 片桐 までお気軽にメールください
(クリックするとメールフォームが開きます)。
posted by 片桐 健 | 演奏会

多数のご来場ありがとうございました

5月31日しらかわホールでの『名古屋新室内合奏団』演奏会は無事終わりました。

お忙しい中、多数の方々にお運びいただき誠にありがとうございました。

次回予定が明らかなのは
『ハイドンフィルハーモニー』演奏会
9月15日 コンサートホール「レ・マーニ」
です。

詳細はのちほど
posted by 片桐 健 | 演奏会
2014年04月26日

室内楽練習日の2日目

本日は室内楽練習日の2日目。

当音楽教室テネラメンテの音楽室が練習場になっております。

さて、今日も何曲かカルテットなどを。

その後昼食を挟んでベートーベン交響曲2番の練習。

その後また室内楽に戻り何曲か・・。

モーツアルトのクインテット
今度は妻に撮ってもらいました(^^)
140426-172145.jpg
posted by 片桐 健 | 演奏会
2014年04月25日

室内楽練習日

本日、明日は室内楽練習日。

課題の(といってもその都度楽譜が渡されるので毎回初見)室内楽曲が何曲か。
5月の演奏会に向けての練習も含む。

ハイドンのカルテット・・
140425-111913.jpg

右に写っているコントラバスは妻のです。

写真は2階席から
自分が弾いているときは写真は撮れないな〜。
posted by 片桐 健 | 演奏会
2014年03月08日

『名古屋新室内合奏団』

演奏会のお知らせです。


『名古屋新室内合奏団』

◆原典譜演奏への誘い◆

J.S.Bach 
ブランデンブルク協奏曲 第4番 ト長調 BWV1049
Fl:今井池香 島田英子 Vn:廣瀬太一 Cem:伊藤充子

W.A.Mozart
2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調 KV365
Pf:伊藤充子 菊谷全子

J.S.Bach
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 BWV?
Vn:廣瀬太一 Cem:菊谷全子

L.v.Beethoven
交響曲 第2番 ニ長調 作品36

J.Haydn
弦楽四重奏曲 作品76-2 ニ短調 "五度"


音楽監督:廣瀬太一
管弦楽:名古屋新室内合奏団

5月31日(土)午後3時開演
三井住友海上しらかわホール

全自由席
前売り 一般4000円 小中生2000円
当日券 一般5000円 小中生3000円

チケットのお問い合わせはTuner片桐まで
メールください
(クリックするとメールフォームが開きます)。


今回のプログラムのうちいくつかおはなしを・・・
すべて「原典譜演奏」です。≪『原典譜演奏』研究所≫公認

・・・「原典譜演奏」とは、作曲家の自筆譜をもとに、作曲者以外の人物が演奏効果を高めるためなどに書き加えたものや解釈を排して、何も足さない引かない楽譜を真摯に自然に演奏するものです・・・

バッハが2曲ありますが、ブランデンブルク協奏曲第2番はソロ楽器としてフルート2本とヴァイオリンが活躍する名曲です。
またヴァイオリン協奏曲ニ短調(BWV1052Rとされている)は有名なチェンバロ協奏曲第1番ニ短調BWV1052の原曲ですが、残念なことにバッハの自筆譜はまだ見つかっていないのです。
しかしながらチェンバロに編曲されたBWV1052をみてもソロ楽器の技巧面もそうですが、非常に高度で緻密な精神性を感じさせる曲なのでバッハ自身がヴァイオリンソロを作曲したとして間違いは無いとも思います。
このバッハの作品2曲では私Tuner片桐製作のチェンバロが通奏低音として活躍します。ご期待ください。
(おまけ・・・チェンバロ協奏曲ニ短調BVWV1052も名古屋新室内合奏団では何度も演奏されています。)

モーツァルトの2台のピアノのための協奏曲KV365は第10番としてザルツブルク時代に書かれた有名な曲ですがのちにモーツァルト自身がオーケストラ部分にクラリネット、トランペット、ティンパニを加筆した版を今回は演奏します。「原典譜演奏」ではオーケストラは単なる伴奏ではなくソロ楽器と融合するように演奏されます。
また今回は、ラッハナー・アンサンブル協会名古屋新室内合奏団としてはいつものフォルテピアノではなく、ベーゼンドルファー・インペリアルとスタインウェイDフルコンサートの2台の豪華!?なモダンピアノで演奏します。

ベートーヴェンの交響曲2番はベートーヴェン31歳ころの作曲ですが、ちょうど耳の病気がひどくなりだし作曲家、演奏家として絶望の淵に立たされた時期にあたります。ところがこの曲はそんなことは微塵も感じさせず、はつらつとして機知に富んだモチーフが随所に現れ、また楽器の扱いにもヴァイオリンは当然として管楽器やコントラバスに至るまでアンサンブル上斬新な独自の動きを求めています。これらは「原典譜演奏」によってよりはっきりと感じられることでしょう。

最後のハイドンの弦楽四重奏曲は、「もう1曲聴きたい方のための"おまかせ原典譜"」。
ハイドンは弦楽四重奏曲や交響曲の作曲手法でモーツァルトやベートーベン(もちろんその後の作曲家たちにも)に多大な影響を与えたわけですが、まさしくその原典というべき弦楽四重奏の「原典譜演奏」で静かに今回の演奏会を締めくくります。お時間の有る方は最後までごゆっくりとお聴きください。




posted by 片桐 健 | 演奏会
2014年01月20日

演奏会のお知らせ

ラッハナー・アンサンブル協会 演奏会のお知らせ

『ハイドン・フィルハーモニー』

ハイドン 交響曲第39番 ト短調
バッハ 2台のチェンバロのための協奏曲 ハ短調 BWV1060
 Fp:伊藤充子 Cem:菊谷全子
ハイドン 交響曲第95番 ハ短調

演奏:名古屋新室内合奏団
音楽監督:広瀬太一

2月11日火曜日(建国記念日)午後2時開演
コンサートホール レ・マーニ

入場料 前売り 大人1000円 小中高生500円
乳幼児入場可(ただし静かに聴けることが条件です)

チケットについてお問い合わせ、ご購入は
ピアノ調律師 片桐までメールください
(クリックするとメールフォームが開きます)。

曲の紹介
ハイドン交響曲第39番
4本のホルンが活躍する曲ですが、ト短調という劇的な調性を用いて感情的にも非常に切迫した表現が随所に現れており、モーツァルトはこの曲を意識して彼の第25番ト短調交響曲を書いたとも言われています。

バッハ2台のチェンバロのための協奏曲
前回のハイドンフィルハーモニーでは、この曲のオリジナルであるオーボエとヴァイオリンの協奏曲を演奏しましたが、今回はバッハ自身による鍵盤用の編曲バージョンです。2台のチェンバロとなっていますが、ファーストをフォルテピアノ、セカンドをチェンバロで演奏します。
私の工房から2台の楽器を持ち込みます。

ハイドン交響曲第95番
いわゆるロンドン交響曲シリーズの中の1曲で唯一の短調の作品。ハイドンの2回のロンドン旅行中に書かれた後期の12曲(第93番から第104番)は名作ぞろいです。この曲は独奏チェロが第2楽章や第3楽章で活躍します。どうも当時イギリスにはチェロの名手がいたらしくそのようなパートを書いたのかもしれません。
posted by 片桐 健 | 演奏会
2013年10月01日

演奏会のご案内

ラッハナー・アンサンブル協会 演奏会のご案内

10月14日に下記のように演奏会を開催します。

ハイドンフィルハーモニー
◆原典譜演奏への誘い◆

J.Haydn 交響曲第73番 ニ長調 "狩"
J.S.Bach オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ハ短調 BWV1060
 オーボエ:八上裕美 ヴァイオリン:廣瀬太一 チェンバロ:伊藤充子
J.Haydn 交響曲第86番 ニ長調

演奏:名古屋新室内合奏団

音楽監督:廣瀬太一


10月14日月曜日(体育の日) 午後2時開演 コンサートホール 
レ・マーニ(東郷町)

入場料 前売り 大人1000円 小中高生500円

今回はハイドンの交響曲シリーズで2曲とバッハの協奏曲です。

交響曲第73番は終楽章に作曲者自身がフランス語で「狩猟 La
Chasse」と記入したことにちなんでいてホルンが狩りの場面を思わ
せる音形を吹くのです。

バッハの有名なオーボエとヴァイオリンのための協奏曲はオーボエ
とヴァイオリンによって美しい叙情的な旋律が掛け合わせるように
流れます。特に2楽章の慰められるような美しい旋律は特筆もので
す。

交響曲第86番はフランスの新しいオーケストラからの依頼で作曲さ
れたパリ交響曲シリーズ(82番〜87番)のなかの佳作です。

チケットは片桐までご連絡くださいますようお願いいたします。

posted by 片桐 健 | 演奏会
2013年06月01日

カルテット練習日二日目

練習日二日目、今日は土曜日なので平日仕事のある人も参加してきます。
カルテットが数組、それにコンバスが1本入って二日間でのべ14〜15人が参加してます。

普段の仕事に追われる時間から開放され音楽三昧で過ごすのは精神がリフレッシュされ体にも頭にも良いことですね。

この二日間の練習日は、普段は演奏の仕事をしているプロも原典譜(作曲家の自筆譜をもとに余計は解釈を加えずそのまま演奏すること)に触れ本来の芸術に没頭できる貴重な時間なのです。
posted by 片桐 健 | 演奏会