ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2015年11月16日

ホルーゲル出荷

ながらく修理でお預かりしていたホルーゲルも完成し本日出荷です。

運送屋さんが来るまで午前中は最終チェック、昼前に無事にトラックに積み込まれました。
imgp5426.jpg

あらためて見ますとヨーロッパのピアノのような背面が特徴的です。
imgp5427.jpg


ほっと一安心。

このピアノは岡山市のお客様のところまで運ばれます。
道中無事で届きますように。


さて、散らかった工房を片付けて次の修理に備えます。
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年11月05日

ホルーゲル あとすこしで完成

57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

本日は整音の一環でケースを組み立てました。アップライトピアノはパネルなどを組み立てた状態で整音の最終確認をします。またパネルなどから雑音が出る場合もあるので慎重に作業します。

imgp5408.jpg

やはり上前、下前パネルの窓などから共鳴雑音が出ます。
対策しなければ・・・。
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年11月04日

ホルーゲル 共鳴の対策

57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

弦振動エレルギーが大きいので(音が大きいとも言えます)パネルなど軽く作られているところが共鳴共振しやすいようです。

鍵盤棚板のパネルが共鳴しているので対策しました。
木枠に薄板がはめ込みになっています。この薄板が浮いてカタカタ言ってます。
imgp5405.jpg

薄板の周りをネジで固定しました。
imgp5406.jpg

雑音が無くなってクリアな音になりました。

上前や下前パネルも同じような構造ですので対策が必要です。
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月31日

ホルーゲル 整音

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

本日も午前中はお客様宅で定期調律だったので午後工房に戻りホルーゲルの作業・・・・。

整音中です。
私の針入れは時間がかかりますが押し針オンリー。
フェルトに針の入る感触で深さや強さなど針刺しの状態が分かります。これは叩いて入れるとわかりにくいと思います。ハンマーフェルトを傷めないですし。
imgp5402.jpg

以前ハンマーの肩の部分に針の入れ過ぎでフェルトがパンクしたベーゼンドルファーを見ました。
それでも整音はまだまだ不十分でしたがパンクがひどくフェルトがちぎれてしまうので結局ハンマーを交換せざるをえませんでした。その調律師は、きつい音を柔らかくしようとハンマーの肩の部分に集中的に針を叩いて入れたのです。同じ場所、同じ深さに多量の針が入りフェルトの絡まりがちぎれたのです。

肩だけでなくボトムから必要な量の針刺しをしないとバランスよくできません。ただただキンキン強い音を消そうとするのではなくどの倍音を活かすか弱くするのかが針刺しの方針となります。


posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月30日

ホルーゲル 整調、整音、調律

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

整調と整音、調律は何度も繰り返し行います。
それらは三位一体なのでバランスよく進めなければなりません。

本日は午前中定期調律に出ておりました。
午後工房に戻って整調と整音、調律・・・。

調律中です。
imgp5401.jpg


posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月29日

ホルーゲル 整調作業

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

しばらく更新できませんでした。
このところの作業をまとめてアップします。

整調作業に取り掛かっています。
その都度ピアノに合わせてアクションを組み立てながらなので整調もある程度揃ってきました。

調律と整音も同時進行である程度進めていかないと整調の決定的なポイントが決まりません。三位一体と言われるところです。

整調を進めるといろいろな細かなところが気になってきます。
これは鍵盤の隙間。後端が狭く隣同士当たりそうです。
imgp5389.jpg

削ったりバランスピンの位置を変えたり各種方法で揃えました。
imgp5390.jpg

白鍵象牙の剥がれがいくつもあり気になります。接着します。
imgp5391.jpg

整調の作業は写真に取りにくいので画像はあまりないのですが
これは鍵盤深さを調整しているところ。
定規で寸法を揃えてから、100分の数ミリの紙パンチングの微妙な厚さで音色が変わるので音を聞きながらタッチを揃えていきます。
imgp5395.jpg

imgp5394.jpg

そして鍵盤重さを測定、中音部ダウン時56g(アップ時半分)で揃えます。ジャックの抜けは良いので軽快に感じます。このピアノが来た時は60g以上ありましたらからかなり軽くなっています。
imgp5393.jpg

imgp5396.jpg

鍵盤鉛が入ったので全体に針入れをして音色を整えます。
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月22日

ホルーゲル 鍵盤まわりの修理

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

やっと鍵盤ポスト植え込みができたので最後に後回しになっていたブッシングクロスの交換作業。
ポストワイヤ位置変更のため埋め木や穴あけをしてからサンドペーパーでガシガシ削って鍵盤木部表面の汚れ落としをしたのです。もちろん予め古いブッシングクロスは取り除いてあります。

というわけでレンナーのブッシングクロスを貼りこんでいきます。

imgp5385.jpg

imgp5388.jpg

imgp5387.jpg

posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月18日

ホルーゲル 鍵盤ポストワイヤ抜きと鉛抜き埋め木作業

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

鍵盤ポストワイヤ抜きと鉛抜き埋め木作業

ポストの位置が奥すぎていたので若干手前にワイヤーを植え直します。そのため古いワイヤーを抜いて埋め木、ついでに鍵盤奥に多く入っていた鉛も抜いて埋木しておきます。

鍵盤作業でしばらくの間ピアノから鍵盤を外してしまうので今日の午前中はアクションや弦を安定させるため何度か調律しておきます。

imgp5373.jpg

imgp5374.jpg

imgp5378.jpg
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月15日

ホルーゲル 調弦後の初めての調律

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

本日は調弦後の初めての調律となりました。
まだ鍵盤のポストワイヤ位置変更の作業があるので鍵盤は仮付けですが、簡単に整調もしてピッチを442まで上げました。

imgp5371.jpg

明るい響きで良く鳴っています。
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月14日

ホルーゲル ダンパーの接着

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

本日はダンパーヘッドの接着工程。
鍵盤の高さ等を設定しそれに伴うアクションの動きなどを確認。ダンパーの総上げ、掛かりを見ながらダンパーヘッドの接着という流れです。もちろんダンパーヘッドもレンナー製。

imgp5370.jpg

というわけでダンパーが完成。
整調に入ります。

と、そのまえに

鍵盤のポストワイヤーを位置変更も兼ねて交換するので、明日から鍵盤のもろもろの作業をします。
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月13日

ホルーゲル 整調前の細々な作業

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

今日は午前中雑用で出ておりましたので工房作業は午後からになりました。

アクション整調前に鍵盤筬周りの細々とした作業をしています。
予め鍵盤高さ、深さなどをおおまかに作るために紙パンチングをクロスパンチング下に必要な枚数入れておきます。

imgp5369-1.jpg
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月12日

ホルーゲル ハンマーの弦合わせ

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

本日は午前中お納めしたピアノの調律に出かけておりましたので工房に戻って午後3時ころからの作業となりました。

先日ハンマーのついたアクションのハンマー弦合わせをします。
新しく弦を張ったこともあり弦割もきちんと調整します。

ハンマーも弦も綺麗に揃っています。
imgp5369.jpg
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月11日

ホルーゲル ハンマー接着終了

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

本日はハンマー接着の最終工程。
昨日ハンマーヘッドにシャンクを接着しておきました。

それをアクション(ハンマーバット)に仮入れしてシャンク太さの勘合具合、ハンマーヘッドの高さの揃い具合、ハンマーの弦合わせを見て調整しておきます。
imgp5365.jpg

それが済んだらいよいよニカワで接着。
imgp5366.jpg

すべてのハンマーが無事接着されました。
imgp5367.jpg
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月10日

ホルーゲル アクション組込み まだまだ続き

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

ハンマーシャンクの準備。レンナー製シャンク。接着がよく効くよう両端をローラーでコロシます。
imgp5361.jpg

シャンク棒を叩いて音で選り分けておきます。
imgp5362.jpg

ハンマーにシャンク棒を植えていきます。ニカワで接着。
imgp5363.jpg

ニカワ鍋。卓上IHコンロで煮ています。ニカワは温度管理が難しいが保温モードでピッタリです。
imgp5364.jpg
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月09日

ホルーゲル アクション組込み まだ続き

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

ハンマーの穴あけ工程に入ります。
新しいハンマーを付ける場合古い元のハンマーから穴あけ寸法を移すだけでは不十分で、古い元のハンマーを参考にピアノの打弦点からハンマーの穴あけ寸法を割り出します。

穴あけの前に第1段階の整音をしておきます。針を入れるとハンマーフェルトが膨らむためです。
針刺しが終わったらフェルトをサンドペーパーで整形します。
imgp5360.jpg

穴あけ中。穴あけの治具はピアノ工具屋さんから買ったものを色々改造してあります。特にマイクロフライス盤用のXYテーブルは穴あけ位置の微調整に役立ちます。
imgp5359.jpg
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月08日

ホルーゲル アクション組込み 続き

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

ハンマー取り付け接着までの工程でいろいろな準備作業をしています。

鍵盤の上面高さや深さなど取り付け状態、鍵盤ポストとの位置確認や動作寸法(働き)確認調整。
imgp5355.jpg

ハンマーを取り付け工程前にやるべきことは、ダンパーの位置合わせ(弦合わせ)や動き(総上げ、掛かり)といった調整です。アップライトピアノの場合ハンマー接着後ではハンマーシャンクが邪魔になり微調整しか出来ないためです。
imgp5358.jpg

ハンマーの穴あけ作業準備。レンナーハンマーです。
imgp5356.jpg

posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月07日

ホルーゲル アクションの組み込み

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

基準を見るためアクションをピアノに入れて打弦点など位置関係をチェック。
またハンマーレールを新調したりやダンパーレバーロッドも位置を変えているのでペダル突き上げ棒関係も位置合わせしておきます。

imgp5352.jpg
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月05日

ホルーゲル アクションの組み立て

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

昼間の仕事を終え工房に戻りアクション組み立てを続けています。

各アクションパーツを組み込みハンマーレールも取り付けました。
このハンマーレールはレンナーに注文して新調したものです。
いろいろなピアノに使えるように長い状態で来たのでホルーゲルに合わせて15cmくらい切り落としました。
切り落とすにはバンドソーで。アルミで木部を覆っていますが金属用の鋸歯が付けてありますのであっと言うまです。

取り付けました。
かっこいいですね。
imgp5350.jpg

posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月04日

ホルーゲル アクション組み立て

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

このところアクション組み立ての工程に入っています。
他の仕事と並行してやっているので進度がゆっくりですけれども。

レギュレーチングボタンクロスの貼り付け。レンナー製クロス。
imgp5341.jpg

レギュレーチングボタンレールの組み込み
imgp5343.jpg

ウィペンの組み込み。レンナー製ウィペン。
imgp5344.jpg

ハンマーバットの組み込み。
imgp5345.jpg

レンナーの刻印。
imgp5347.jpg

ダンパーレバーの組み込み。レンナー製。
imgp5349.jpg
posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理
2015年10月01日

ホルーゲル レギュレーチングボタン、スクリューの交換修理

約57年前に作られたホルーゲルをレストア修理しています。

本日の作業は鍵盤筬の調整とレギュレーチングボタン、スクリューの交換修理。

古いフェルト、クロス類を破棄します。
150929-154900.jpg

鍵盤おさを綺麗にします。キーピンは新品に交換します。
150929-172455.jpg

レギュレーチングボタンレールの修理製作。古いスクリューが折れ込んでいたりします。
imgp5331.jpg

古いレギュレーチングスクリューを抜きます。
imgp5334.jpg

新しいレギュレーチングスクリューを電動工具でネジ込みます。
imgp5339.jpg

レギュレーチングボタンレール出来上がりました。
imgp5340.jpg

ダンパーロッドのフレンジ製作。ブッシングクロスを込めています。
imgp5336.jpg

ダンパーロッドが取り付きました。
imgp5338.jpg

posted by 片桐 健 | ホルーゲルのレストア修理