ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2018年04月18日

調律中

整調をしながら何度も調律もしています。
レストアの狙ったイメージ通りの音色に近づいてきました。
dsc_0399.jpg

ある程度整調ができたら鍵盤鉛調整して整音も進めます。
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月16日

ダンパー接着

整調を進めています。

鍵盤の高さ深さもそこそこ出来上がったのでダンパーを接着します。
ダンパーを接着する条件としてアクション整調がある程度出来ていることが必要です。
ダンパーの総上げと掛かりを調整しながらダンパーヘッドを接着していきます。

dsc_0395.jpg

dsc_0396.jpg

ダンパーヘッドの接着完了です。
dsc_0397.jpg

整調もある程度出来てきてピアノらしくなってきました。
dsc_0398.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月15日

ウィペン取付

ハンマーのアラインメントを取り弦に合わせました。

弦合わせはハンマーヘッドの先端を弦に正確に当てることです。
新しく弦を張ったピアノなので、弦の割り付けとハンマーの位置を慎重に決めなければなりません。

ウィペンを取り付けてジャック合わせをします。
dsc_0391.jpg

割り付け、弦合わせが終わればハンマーバットにウィペンのジャックを合わせます。
ウィペンもヒールが均等に並ぶようにしなければならないので取り合いが難しい作業です。

ウィペンも揃いアクションの形が整いました。
dsc_0392.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月11日

鍵盤のインストール  整調の前に

整調に入る前に鍵盤をピアノに組み入れます。

今回使うバランスパンチングクロスとフロントパンチングクロス。
ドイツ・ヤーン社から取り寄せています。
dsc_0376.jpg

鍵盤筬(キーフレーム)をピアノ棚板に乗せてネジ止め。
仮に鍵盤を入れてシムや紙パンチングで白鍵の上面高さを調整して決定。これがすべての基準になります。
dsc_0377.jpg

鍵盤をインストール。
dsc_0379.jpg

これで整調作業に入れます。
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月10日

アクション製作作業 ・・続き

アクション製作作業の続き

数日分の作業を一度に掲載します。

ハンマー接着の前にダンパーレバーを取付けてワイヤーを曲げたり、ダンパーブロックを取付けて高さを決めて弦に位置合わせをしておきます。
dsc_0361.jpg

dsc_0362.jpg

ハンマーバットをインストール
dsc_0364.jpg

dsc_0363.jpg

ハンマーヘッドの高さの基準として古いハンマーをセクションの両端に付けました。
dsc_0366.jpg

dsc_0365.jpg

ハンマーシャンクを切ってハンマーヘッドの高さを揃え弦に正しく当たるよう弦合わせをしながら仮にハンマーバットに植え込みます。
dsc_0368.jpg

シャンクをローラーでコロシて
dsc_0369.jpg

バットに仮植え
dsc_0367.jpg

ニカワを煮ておきました。
ハンマーをバットに接着していきます。
dsc_0370.jpg

dsc_0371.jpg

ダンパーヘッド(フェルト)は整調の過程で接着していきます。
dsc_0372.jpg

ハンマーがすべてインストールされました。
dsc_0374.jpg

次は鍵盤をセットして整調に入ります。



posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月07日

アクション製作作業

ハンマー接着をするためにアクションを準備しています。

まずは古いアクションを取り去って・・・
dsc_0360.jpg

40〜50年経ったピアノのレストア修理では、古いフェルト類の繊維は硬化していて柔らかく弾力が有ると言った本来の性能を発揮できなくなっています。
ハンマーヘッドは音色に関わるので性能の良い物に交換するのは当然ですが、アクション各部にも多くのフェルト類が使われているので新しいアクションに入れ替えるのがベストです。

ハンマー接着の前にダンパーアクションを準備しておきます。
ダンパーレバーを取付、ダンパーブロックを弦の位置に合わせておくまでの工程です。
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月04日

ハンマー接着作業  その1

ハンマー接着作業工程に入りました。

まずは穴あけしたハンマーヘッドにシャンク棒を植えます。
シャンク棒はドイツ・レンナー社製楓材。

1台分で90本。
2台分から今回使うものを、硬い木の作業台にシャンク棒を落として音を聴きながら選別しました。
ドイツ製といえども中には使えないのもあります。叩いて鈍い音がするものが数本は混じっています。
選り分けずにハンマーヘッドを接着してしまうとあとで整音に苦労することになります。

接着する前に前の晩から水にひたしておいたニカワを煮ておきます。
dsc_0354.jpg

まずはハンマーヘッドにシャンクを植え、その後バットに接着するといった工程で進めます。
dsc_0357.jpg

posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年04月02日

ハンマー接着の準備

今回使用のアベル・ナチュラルフェルトハンマーの準備
もともと付いていたヤマハと比べてみました。
dsc_0352.jpg

まずは、整音(針刺し)をします。
治具にセットしてまとめて針刺しをします。
dsc_0346.jpg

弾力を作るため深い針を入れていきます。低次の倍音を豊かにするために必要な作業です。
dsc_0348.jpg

その後針入れで膨らんだハンマーフェルトをサンドペーパーで整形して穴開けをします。

ボール盤にセットして穴開けをします。
穴開け治具はピアノ部品屋さんから買ったものを自分でかなり改造しています。
dsc_0353.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年03月26日

鍵盤ピン打ち込みと底板組み立て

棚板と鍵盤筬はサンダーで汚れを落としておきました。
dsc_0333.jpg

dsc_0335.jpg

鍵盤筬に新しい鍵盤ピンを打ち込みます。木のブロックはピンの高さを揃える治具です。
穴が大きくピンがゆるい時はサンドペーパーを細く切った調整用のシムを挟んで打ち込みます。
dsc_0339.jpg

dsc_0341.jpg

底板にペダルを組み付けてピアノ本体に取り付けます。
dsc_0330.jpg

dsc_0331.jpg

dsc_0336.jpg

底板が取付けばピアノを起こすことが出来ます。
dsc_0338.jpg

棚板を取り付けるとピアノの形になります。
dsc_0342.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年03月21日

鍵盤修理作業とペダル修理作業

鍵盤修理作業の続き

鍵盤ブッシングクロスを貼ります。
ドイツ製レンナーやヤーンの最高級カシミヤを使用しています。
dsc_0326.jpg

dsc_0327.jpg

合間にペダル関係も
底板の汚れをサンダーで削りたいのでペダル類を取り外します。
dsc_0328.jpg

ペダルは磨いておきました。
dsc_0329.jpg

雨が小止みになったので底板を外に出してサンダー掛けしました。
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年03月18日

白鍵アクリル貼替え

鍵盤修理作業

以前に剥がしておいた白鍵の表面材アクリルを張ります。
dsc_0324.jpg

dsc_0325.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年03月16日

張弦

いよいよ弦を張ります。
チューニングピンはドイツ・クリンケ社のディアマント、弦はドイツ・レスロー弦、低音弦はドイツ・デーゲン銅線仕様です。
dsc_0312.jpg

dsc_0315.jpg

dsc_0316.jpg

プレッシャバーのネジが足りない分を注文しておいたのですが、部品屋さんの手違いで届くのが遅れて作業が中断しておりました。
dsc_0318.jpg

やっと届いたのでプレッシャーバーを取付。
dsc_0319.jpg

引き続き低音弦も張ります。
dsc_0323.jpg

調弦は本来一日でできるのですが、今回は部品の入荷が遅れたりお客様の調律に出たりと数日に渡っての作業となりました。

張り終えたらピッチを半音下に調律しておきます。
アクションはまだ無いので弦をはじきながらの調律です。
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年03月11日

張弦の準備

弦を張る準備をします。

まずはピンブッシュを打ち込み下穴を開けますが、よくあるのがピン板に開いているチューニングピンの穴とフレームの穴がいくつかずれているもの。
元のピン穴が中心からずれています。
dsc_0310.jpg

ピンブッシュの穴を開けるときに中心には開けられないので、ずれの大きなものは方向を修正しながら下穴を開けておきます。
dsc_0312.jpg

そうこうしているうちに
頼んでおいた新品のヤマハのアクション部品が届きました。
ハンマーシャンクとハンマーヘッドはドイツのものを使いますが、ウィペン、バット、ダンパー関係はヤマハの新品部品を使います。
dsc_0309.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年03月10日

フレーム乗せ

フレームを乗せる作業

チェンブロックで吊り上げて所定の位置に降ろします。
dsc_0296.jpg

dsc_0297.jpg

dsc_0298.jpg

ネジを締めます。
dsc_0301.jpg

響板ニスを塗る前に弦圧はざっと調整して置いたので再度確認しておきます。


posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年02月24日

響板ニス塗りとフレーム金粉塗装

響板ニスは上塗り(最終工程)です。
ホコリ等が乗らないようビニールシートで養生しておきます。
dsc_0270.jpg

鉄骨フレームは金粉塗装します。
dsc_0268.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年02月23日

鍵盤剥がし

鍵盤アクリル貼替えのために古い白鍵トップアクリルを剥がします。
自作の電熱器で熱しています。
木口も剥がします。
dsc_0267.jpg

本日はここまで
この後、剥がし跡をきれいにしてから新しいアクリルを貼ります。
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年02月21日

響板ニス塗り

2回め(中塗り)を塗ります。
dsc_0262.jpg

駒圧調整のため鉄骨フレームの弦枕部分を削ります。
ジスクグラインダーでガシガシ・・・。全身鉄粉まみれです(笑)。
dsc_0263.jpg

昨日ドイツから部品が無事到着しました。出荷のメールから4日くらいでしたか・・。
ハンマーヘッドやチューニングピンやフェルト類などです。
dsc_0264.jpg

dsc_0265.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年02月15日

響板ニス塗り作業 目止

サンディングが終わった響板に目止めのためニスを薄く塗ります。
使うニスはドイツ・レンナーの響板用アルコールニスです。

dsc_0261.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年02月14日

響板調整

響板の古いニスを剥がします。
ラッカーシンナーで溶かすので外で作業しています。
風が冷たいので大変ですが我慢して作業です。
dsc_0259.jpg

ニスが剥がれたらサンダー掛け
機械と手でサンディングします。
dsc_0260.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理
2018年02月13日

鉄骨フレームを降ろします

予め駒圧を調整しておきます。
このピアノの場合フレーム下部の取り付けボルト部分の本体側打ち回し支え木を最大6mmほど削ること、フレーム中音部と次高音部の弦枕を最大2mm削ることにしました。

鉄骨フレームを吊り上げてピアノから降ろします。
dsc_0258.jpg
posted by 片桐 健 | A様U1Eレストア修理