ピアノ調律やレッスンなどのFAQ専用ページを作りました。 こちらからどうぞ。

仕事以外のネタはこちらに


2016年09月13日

演奏会に向けてチェンバロ準備

9月19日の『ハイドン・フィルハーモニー』演奏会ではバッハの2台のチェンバロのための協奏曲ハ短調を演奏しますが、その練習のためソリストのチェンバロをテネラメンテ音楽室に運び入れました。

2台ともトランスポージングによりピッチは415に調整、調律をヴェルクマイスター第3にて施しておきました。

160913-123427.jpg

右側がソリスト徳田さんのフレンチ2段。カワイ。
テネラメンテのチェンバロはフレミッシュ2段なので音色、音量は違います。
まあ、2台のチェンバロ協奏曲なので音色が違うほうがどちらが何を弾いているのかわかって好都合だと思います。
posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2015年11月18日

チェンバロ出動

本日はあいにくの雨日和。
ピアニストK女史の録音会の企画でホールにチェンバロを持ち込みました。
忙しかったので画像はありません。

バッハプログラムなのでピッチはa=415Hz。
ヴェルクマイスター第3調律法としました。

豊かに響きます。
良い感じですね。

癒やされます。


posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2015年05月13日

フォルテピアノ出動

ピアニストK女史の原典譜録音会シリーズのお手伝いでフォルテピアノをホールに運びました。
このところシーズンで3回続けての最後の演奏会あーいや録音会です。
初回はフォルテピアノ、前回はチェンバロ、今日はフォルテピアノ。


150513-123730.jpg

ベートーベンのピアノソナタやヴァイオリンソナタなど盛りだくさんに演奏されました。

ピッチはA=430Hz クラシックピッチでキルンベルガー第3の調律です。

やはり音律やピッチもさることながらフォルテピアノでのベートーベンはいろいろ考えさせられます。
ベートーベンの音楽は音量や迫力ではないんだということです。
音楽の内容は作曲者と弾き手、聴衆の心の中のことですからね。

示唆に富んだ一日を過ごしました・・・。
posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2015年04月09日

トランスポージング

今月から来月にかけてピアニストK女史のチェンバロ録音会がありますが、そのためにチェンバロのセッティングを変えています。

いままでは古典を弾くこともあり49Aを420Hzから430Hzにしておりましたが、今回からは415Hz←→440Hzというようにトランスポージング装置を活用することにしました。

ご存じない方のために説明しますと、チェンバロのトランスポージング装置は鍵盤全体を1音分左右に移動して半音低め(高め)で演奏できるようにする仕掛けです。

150409-120545.jpg
左側のスペーサを抜いて・・。

150409-120605.jpg
1音分の隙間ができました。

150409-120449.jpg
鍵盤全体を左に動かすとチーク右側に1音分の隙間が。

150409-120839.jpg
スペーサを右側に入れて鍵盤移動終了です。
これで全体が半音低くなるのです。基準がバロックピッチ A=415Hzとなります。もともと48G#の弦です。

A=415Hzのキルンベルガー第3で調律して終わり・・。

でも古典ピッチでも演奏したいからチェンバロがもう1台必要かなぁ。
posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2013年05月29日

フォルテピアノ出動

ピアニストK女史の企画でベートーベンピアノソナタ並びにヴァイオリンソナタ全曲録音にフォルテピアノで連続参加しています。

本日は梅雨入りという事であいにくの雨となってしまいました。

首尾よく車に積み込みホールに無事到着、セッティングして調律です。
本日はキルンベルガー第三。

130529-102750.jpg
posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2013年04月20日

カワイ フレミシュチェンバロ修理

引き続きフレミッシュの修理をしています。

本日はしばらくまえから取りかかっている塗装・・・

外装に傷があったりしていますので綺麗にしようということで。

色が深緑なので色合わせがたいへんです。
試行錯誤ののち何とか合ってきました。

130420-184059.jpg

130420-184035.jpg
posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2013年03月23日

カワイ・フレミッシュチェンバロの調整

引き続き、暇なとき時間がある時に作業しております・・・。

 

前回の記事に写真を入れ忘れましたが

新しいプレクトラムはデルリンの板から切り出してジャックに装着しボイシングします。

 

地道な作業です。

posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2013年03月15日

チェンバロのボイシング

チェンバロのボイシングと書きましたが、

チェンバロは弦を鍵盤の先に乗ったジャック(棒)についた爪で弾いて(はじいて)音を出す楽器です。

プレクトラム(爪)を削って、要は音色を整えることです。つまりピアノでいうところの静音作業とおなじです。

 

ピアノだとハンマーフェルトの硬さや弾力を調整しますが、チェンバロでは爪の「たわみ」を変えることで簡単に言うと弾力による弦のはじき方を調整してやるのです。

 

余談ですが、チェンバロは有鍵撥弦楽器、ピアノは有鍵打弦楽器と言えます。

 

 

爪の材質は、昔は水鳥の羽軸を使っていましたが、現代は耐久性や保守の容易さのためポリアセタール樹脂(商標としてセルコンやデルリンなど)を使うことが多いです。

 

カワイのチェンバロもデルリンのプレクトラム(爪)の仕様です。

小さな添え木を当ててこのように削っております。

削り方で弦のはじき方が変わります・・・・・。倍音の構成が変わります。

 

プレクトラムは小さいので眼鏡の様な両眼で見るルーペで拡大しての作業です。

普通の拡大鏡(虫眼鏡のような)だと片目で見ることになるので立体的に見えません。

 

以前は裸眼で作業できましたが、悲しいかな、このところ老眼なのか乱視もきつくなってしまって良く見えなくなってしまいました・・・・。

posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2013年02月15日

カワイ・フレミッシュ

カワイ・フレミッシュチェンバロ調整中です。

鍵盤のイージニング。

動きを整え雑音を出しにくくします。

 

牛骨でできた白鍵の漂白をしてます。

posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2013年02月02日

フレミッシュ1段チェンバロ

以前買い取りで入庫したカワイ楽器製造のフレミッシュ1段鍵盤のチェンバロです。

現在、修理調整中です。

130202-171222.jpg


気長にやってます・・。
posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2010年08月27日

宗次ホールで

フォルテピアノの貸出

リハーサル中・・




公演本番は8月28日です。

posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2010年08月16日

今日はフォルテピアノの調整

近々演奏会もあることだしフォルテピアノの調整してます。

img305.jpg

ウィーン式アクションの調整
久しぶりに設定を見直しました。

img304.jpg

img306.jpg

posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2010年05月09日

発表会のお手伝い

ピアノ・ヴァイオリンなどの発表会ですが、チェンバロを持ち込んでソナタや合奏の通奏低音で使います。

うちの生徒さんも多数参加してソロや合奏、協奏曲のソリストとして活躍してくれました。

img257.jpg
posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2009年10月30日

録音会に

使用するためフォルテピアノを車に積んでます。

会場はレ・マーニです。
img188.jpg


今日は日差しが強く車の中が思いのほか暑いのでちょっと気を使います。

img189.jpg会場にて
posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2009年10月12日

ハイドンフィルにて

ハイドンフィルにて

リハーサル中です。
img182.jpg
posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2009年09月05日

BIZZIチェンバロ 取扱い始めました

ビッチ(BIZZI)社はイタリアのミラノに拠点があるチェンバロ(ハープシコード)のメーカーです。

ビッチ社はイタリアの伝統的な木工職人達の技術を糾合して、昔のオランダやフランスの有名な製作者達のようにワークショップ形式の生産体制をつくり、非常にバラエティに富んだオプションを提供しながらしっかりした作り、早い納期とリーズナブルな価格で評価が高まっています。

フレンチモデルからフレミッシュ、イタリアン、ベントサイドスピネットなど各種ございます。


チェンバロは大きくて置き場所が無いとお考えではありませんか?
お子さまの練習やレッスンに最適な小型のチェンバロもあります。

◎コンパクトなベントサイドスピネット 「グジョン」

モデル Goujon 1753
鍵盤 F1 - f3  61 keys  ストップ 8'x1
トランスポーズ 415-440Hz
寸法 176x65x23 cm  重量 22 kg
価格 1,200,000円 (基本仕様、本体のみ。消費税込み)
   (掲載の画像はオプションを含んでいる場合があります)
価格は為替変動等で予告無く変わることがあります。



◎お求め易い小型イタリアン「ステュディオ」

モデル Studio
鍵盤 H1 - d3  52 keys  ストップ 8'x1
トランスポーズ オプションで可
寸法 183x78.5x21 cm  重量 25 kg
価格 560,000円 (基本仕様、本体のみ。消費税込み)
   (掲載の画像はオプションを含んでいる場合があります)
価格は為替変動等で予告無く変わることがあります。





各モデルとも多種多様なオプション、付属品をご用意しています。
仕様、価格、納期は Tuner片桐までお問い合わせください。

ご納品後のメンテナンスもお任せください。

BIZZI社のホームページ
BIZZIチェンバロの価格表(PDFファイル)

総輸入元 (有)コースタルトレーディング
posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ
2008年03月18日

チェンバロ修理

古いアトラス製のチェンバロ修理の依頼が来た。

rimg0006.jpg

いくつか音が出ないとのことでしたが、工房に運んで開けてびっくり! 
8フィートのナットが低音側にずれてる! 

rimg0004.jpg

ナットピンに弦が掛かっていないし4フィートのチューニングピンに触ってるしさらに4フィートのジャック背面に触れている。これでは音は出ません・・・。

依頼者に良く話を聞くとどうも以前に誰かが修理したらしい。まったく見当違いの修理?をしたようだ。

まずは弦を外してナットを剥さなきゃ。
posted by 片桐 健 | チェンバロ、フォルテピアノ